高脂血症はなぜ悪い?

エネルギーの過剰摂取や運動不足で起きる高脂血症

高脂血症は遺伝もしくはエネルギー摂取の過剰や運動不足が原因で、血液中のコレステロールや中性脂肪が過剰となった状態です。総コレステロールが220mg/dl以上、中性脂肪が150mg/dl以上の場合、高脂血症と診断されます。
コレステロールは血液の中で低比重リポタンパク(LDL)高比重リポタンパク(HDL)に含まれて存在しています。LDLは肝臓から末しょう組織へコレステロールを運びます。HDLは末しょう組織で余ったコレステロールを抜き取って肝臓へ運びます。

コレステロールを蓄積させ、動脈硬化の原因に

高脂血症になると、末しょう組織にコレステロールを運ぶLDLが増加します。過剰になったLDLは血管壁に取り込まれ、コレステロールを蓄積させます。
変性したLDLが白血球の一種であるマクロファージに取り込まれ、そのマクロファージが血管壁内に入り込んでコレステロールを沈着させるのです。
その結果、動脈硬化が起こり血管は狭くなったり詰まったりします。
動脈硬化は、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、脳高速などの脳血管障害、大動脈りゅうや末梢動脈硬化症など生活習慣病の原因となります。

PR

PR