1日のコレステロール摂取の目安は?

コレステロールは体内でも生産されている

食事から取る1日のコレステロールの適正量は500〜600mgが良いといわれています。卵1個には約250〜300mgのコレステロールが含まれていますから、卵だけでいえば2個で1日分が摂取できることになります。
食事から摂取する以外に、コレステロールは体内で1日当たり1500〜2000mgの単位で生産されています。肝臓などで生産されたコレステロールは、細胞膜やホルモンの成分としてとても重要な役割を果たしています。

取り過ぎにも不足にも注意が必要

コレステロールが過剰になると動脈硬化の原因となりますが、反対にコレステロールが不足すると赤血球や血管の細胞膜が障害されやすい状態になります。
コレステロールは、炎症や老化が原因で生じた血管壁の内皮細胞の隙き間にはり付いて、血管壁の中に異物が侵入するのを防ぎます。このコレステロールのはたらきが不足することで、血管壁に障害が起きやすくなってしまうのです。
取り過ぎにも注意する必要がありますが、極端にコレステロールの摂取が少ないといろいろな問題が生じてきます。

みなさんの感想

Loading...
PR

PR