あなたの1日の食塩の摂取量は?

食品成分表の食塩相当量はあくまでも概算

自分でチェックするには、1日に食べた物を、素材ごとに全ての食品についてその量を出し、食品成分表に記載されている食塩相当量を参考に概算してみるという方法があります。

ただしこれは、あくまでも概算に過ぎず、正確な量を知ることは不可能です。1日に排せつした全ての尿を採取して塩分を測り、そこから摂取量を割り出す方法が取られる場合もあります。

汁ものの塩分なら、簡単なチェック法あり

また、より身近で簡単な方法として、みそ汁など、汁ものについては、家庭でも測定可能な道具が開発され市販されています。
一つは、試験紙を直接浸し、色の変化によって食塩の量を推定するもの。もう一つは、センター部分を汁の中に入れると塩分濃度が表示されるデジタル塩分計です。
いずれも薬局などで手に入れることができます。

PR

PR