食欲がおこる複雑で繊細なメカニズム

食欲は空腹になると自然とおきるものと思っていませんか?実は、私たちが空腹を感じるときには、体の中でとても複雑で繊細な変化が起こっているのです。だからこそ肥満を予防することを難しくしているとも言えます。食欲が起こるメカニズムを詳しく見ていきましょう。

食欲をコントロールする摂食中枢と満腹中枢

食欲とは、食物を食べたいという欲求をいいます。
食欲をコントロールしているのは、脳の外側視床下部にある摂食中枢腹内側核にある満腹中枢です。この2つの中枢のバランスによって、食欲が調節されていると考えられています。

複雑で繊細な食欲のメカニズム

これらの中枢に影響を与えるのは、消化器官の化学物質をキャッチする受容器や消化管の内容物の量や消化管運動をキャッチする機械的受容器などから発せられる神経情報、血液中のブドウ糖などの科学情報などです。
さらにおいしいものを見たり、匂いをかいだりすると、満腹時でも食べたくなるように、大脳の感覚中枢も関係しています。
食欲の欲求は非常に複雑で繊細な関連のうえに成り立っているのです。

PR

PR