肥満と寿命

肥満度が高いほど死亡率も高い

肥満は万病の源であり、肥満症の人は寿命も短いといわれています。
わが国の肥満と寿命(死亡率)の関係についての研究では、明治生命保険相互会社が調査したデータがよく知られています。
それによると1972〜82年(昭和47〜57年)の10年間に保険契約した15〜69歳の327 万人のうち、死亡者2万8600人に対して、性、年齢、肥満度別に標準死亡率をみたところ、「15〜39歳」の群の「肥満度+35%」では死亡率が約1.5倍となりました。「40〜69歳」の群にしても肥満度が高ければ高いほど死亡率も上昇していました。つまり、肥満度が高いほど寿命が短いという結果になりました。

PR

PR