healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

花粉症対策

  • 花粉症対策
  • 花粉症のお薬Q&A
  • 花粉クイズ
  •  
  •  

花粉症用語

IgE抗体 【あいじーいーこうたい】

アレルゲンと呼ばれる、アレルギーを起こす抗原(例えば花粉など)は、接触を繰り返すうちに体内に蓄積され、量が一定ラインを超えるとアレルギー反応が起 きる。そのアレルゲンが体内に侵入したときにキャッチして肥満細胞に伝える物質がIgE抗体である。その際、鼻水やかゆみを引き起こすヒスタミンという物 質などが放出され、これらが過剰に血管や神経を刺激することでアレルギー症状が出る。アレルギー抗体とも呼ばれる。

» これでスッキリ!花粉症のメカニズム

アレルギー性結膜炎 【あれるぎーせいけつまくえん】

アレルギー反応を引き起こすアレルゲンと呼ばれる物質が原因となり、眼球の表面とまぶたの裏面をおおう結膜に起きる炎症。目のかゆみや充血、異物感、まぶ たの腫れなどの症状が現れる。予防するには、スギやブタクサなどの花粉、ダニ、ペットの毛、ハウスダスト(ほこり)など、アレルゲンとなるものをなるべく 避けるようにする。治療としては抗アレルギー点眼薬やステロイド点眼薬が用いられる。

アレルギー性鼻炎 【あれるぎーせいびえん】

アレルゲン(アレルギー反応を引き起こす花粉などの物質)が鼻の粘膜から侵入することで起きる炎症。くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状が引き起こされる。毎年同じ時期になると起きる季節性アレルギー性鼻炎の場合は花粉が、年間を通して起きる場合はダニやハウスダストが原因であることが多い。治療には、アレルゲンとできるだけ接触しないようにする、症状をやわらげるための薬を投与するなどの方法がある。

» アレルギーってどんなもの?

アレルギーマーチ 【あれるぎーまーち】

アレルギー反応で起きる病気が、年齢などによって変化すること。子供のアレルギー疾患の特徴として現れることが多い。乳児期にアトピー性皮膚炎が、幼児期に気管支喘息やアレルギー性鼻炎が起こり、次いでアレルギー性結膜炎が出現するなど、連続して起きる。

» アレルギーはひそかにやって来る

アレルゲン 【あれるげん】

アレルギー症状を引き起こす原因となる物質。代表的なものとして、花粉、ダニの死骸、ハウスダスト、そばや卵などの特定の食品などがある。

I型アレルギー 【いちがたあれるぎー】

発生の仕組みによって4つに分類されるアレルギー反応のうち、病気を引き起こす抗原と、主にIgE抗体とが結合して、ヒスタミンなどの物質が放出されて起 きるもの。症状がすぐに現れるのが特徴で「即時型」と呼ばれる。アレルギー性鼻炎、じんましん、気管支炎喘息などが含まれる。

» アレルギーはひそかにやって来る

花粉暴露室 【かふんばくろしつ】

花粉症の治療に用いられる薬剤やマスクなど、対策グッズの性能を判定するためにつくられた実験室。有償で試験に参加する花粉症患者が実験室に入り、スギ花粉を天井から人工的に散布して、暴露室内の患者の反応を窓越しに観察する。わが国では和歌山を皮切りに東京、大阪に同様の施設が設立され、薬剤や対策グッズの有効性を評価する研究が行われている。

口腔アレルギー症候群 【こうくうあれるぎーしょうこうぐん】

食物アレルギーの一種で、ある特定の食べ物を口に入れるとすぐに口や喉がかゆくなり、唇が腫れたり息苦しくなるなどの症状の総称。原因となる食べ物が果物の場合は果物過敏症と呼ばれ、花粉症患者で果物過敏症を合併する人は多いとされている。原因となる果物としてはリンゴ、サクランボなどが多く、アレルギーのある人はこれらの果物を避ける必要がある。

» なぜ大人になってから発症するの?

シックハウス症候群 【しっくはうすしょうこうぐん】

住宅の建材や内装材、家具に使用されているホルムアルデヒド、有機溶剤などの化学物質が気化してできたガスに刺激されて起こる症状の総称。これらの有害物質は皮膚や粘膜に刺激症状をもたらしたり、倦怠感、頭痛、注意力や集中力の低下などを引き起こすとされている。

» 家やビルに苦しめられる!?シックハウス症候群

初期治療 【しょきちりょう】

症状が出始める初期の段階で薬を服用する治療法のこと。一例として、花粉症ならばなるべく初期に、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬の服用を開始する。症状が悪化してからではかなり強力な治療が必要となる場合もあるため、予防的治療の観点からも比較的症状の軽い段階で医療機関を受診し、治療を受けることが望ましいとされている。

» 医師が教える「花粉症の薬、ここが知りたい!」

特異的免疫療法(抗原特異的減感作療法)
【とくいてきめんえきりょうほう(こうげんとくいてきげんかんさりょうほう】

アレルギー症状を起こす原因物質(花粉症の場合はスギ花粉など)のエキスを、長い時間をかけ少しずつ注射し、体を徐々に慣れさせていく治療法。2〜3年と長期間にわたるため根気が必要なほか、治療を行える医師や病院が限定されるが、成功すればそれ以降は薬なしの生活が期待できるという点で注目されている。アメリカでは、花粉症はもちろん、ダニなどのアレルギー治療でも広く一般的に行われている。

» メディカルケアで花粉症を乗り切る

ヒスタミン 【ひすたみん】

アミノ酸の一種。普通は、のどや鼻粘膜の上皮に多い肥満細胞や好塩基球などに存在するが、外傷や火傷、毒物、薬物、アレルギーの原因となる物質が体内に入ると活性化し、細胞から放出される。放出されたヒスタミンは体内各所にあるヒスタミン1型受容体(H1受容体)というタンパク質と結合し、鼻水、肌の赤み、かゆみ、むくみ、痛み、気管支収縮といったアレルギー症状を起こす。

» メディカルケアで花粉症を乗り切る

鼻粘膜誘発試験 【びねんまくゆうはつしけん】

花粉症かどうかを調べるために行われる検査のひとつ。原因と考えられる花粉エキスのしみこんだ紙を鼻の粘膜に貼り付け、反応が現れるかどうかを調べる。5分程度待って、くしゃみ、鼻水、鼻づまりといった花粉症の症状が現れるかどうかで判定する。

皮膚反応試験 【ひふはんのうしけん】

アレルゲン(アレルギー反応を引き起こす原因物質)と推定される物質を水に溶かしてできたエキスを皮膚につけ、反応をみる検査のこと。検査方法には、皮膚に小さなひっかき傷をつくり、そこにエキスを垂らすスクラッチテスト、皮膚にエキスを注射する皮内テスト、皮膚に直接エキスを塗るパッチテストがある。アレルゲンのついた部位が赤く腫れると陽性で、その物質がアレルギー反応の原因である可能性が高くなる。

肥満細胞 【ひまんさいぼう】

鼻水やかゆみなどを引き起こすヒスタミンなどの物質を分泌する粒が詰まった細胞。外部から侵入して病気を引き起こす細菌などから体を守るはたらきにおい て、重要な役割を果たす。アレルゲン(体内に侵入してアレルギー反応を引き起こす花粉などの物質)と、その侵入によって体内に作り出されるIgE抗体とが 結合することに反応して、中の粒からヒスタミンなどの物質が分泌される。それらの物質の作用により、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどのアレルギー症状が起きる。

» これでスッキリ!花粉症のメカニズム

べにふうき 【べにふうき】

もともとは、日本の「べにほまれ」と中国系の「ダージリン」を交配して作られた紅茶用茶樹で、緑茶と比べてやや渋みが強いのが特徴。カテキンの一種である「メチルカテキン」、抗アレルギー成分「ストリクチニン」を含み、花粉症などのアレルギー症状への改善効果が期待されている。

ヘルパーT細胞 【へるぱーてぃーさいぼう】

免疫に関わる体内物質であるT細胞の一種。ウイルスなどの抗原を消化するマクロファージから抗原の情報を受け取ることでサイトカインという体内物質を放出 して、抗原を破壊するキラーT細胞や、抗体(抗原を撃退する物質)を作り出すB細胞、マクロファージに免疫反応をすすめるように指令を出す働きをもつ。

» 新しい健康パワーをもつ乳酸菌登場!

マクロファージ 【まくろふぁーじ】

病原体(ウイルスや細菌)などの異物が侵入してきた際に、それらを取り込んで消化する免疫細胞の一つ。貪食(どんしょく)細胞とも呼ばれる。アメーバ状で、全身の臓器に広く分布している。異物の抗原としての情報をヘルパーT細胞に伝えるはたらきもあり、ヘルパーT細胞から放出されるサイトカインという体内物質に刺激されると、取り込んだ病原体の分解作用を強め、より効率よく異物を排除しようとする。

免疫 【めんえき】

病気にならないように、また病気にかかったときに治ろうとする体のしくみのこと。人間の体は、自分の体と同じものを受け入れ、違うものは体内に侵入すると攻撃して排除しようとする。このような体の反応を免疫応答といい、細菌など外からの異物に立ち向かって体を守ろうとする生体防御反応だといえる。

» 腸内の免疫バランスを整えて、つらい花粉症シーズンを乗りきる