healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

知らないと損をする、妊娠中のDHA摂取方法とその効果

赤ちゃんにとっていいものを食べたい

これからお母さんになる妊婦は、この食べ物はお腹の子供にとっていいものだろうか、薬はできるだけ飲みたくないなど、自分の体に取り入れるものについて、特に気になるかと思います。

お腹の子供にとって、毒になってしまいそうなものを避けたくなるのは当然ですし、赤ちゃんにとっていいものを食べたいものです。それに、栄養の摂り過ぎやバランスを欠いた食事も避けたいところです。

お腹の赤ちゃんは、胎盤を通してお母さんから栄養や酸素を得ています。赤ちゃんの体を作るタンパク質やカルシウム、赤ちゃんの成長を促す葉酸、妊婦は胎盤から赤ちゃんに血液を送っていますので、鉄分もより意識して摂るべきでしょう。その他にも、積極的に摂取すべき栄養素があります。その一つがDHAです。

赤ちゃんの脳の発達にはDHA

DHAはオメガ3脂肪酸の一種、ドコサヘキサエン酸の略で、魚などに多く含まれています。動脈硬化の予防、記憶力向上と維持、美肌効果などが期待されていますが、胎児にとっても神経発達のために重要な栄養素なのです。妊婦に限らず、DHAは脳などの中枢神経の発達にとって、とても重要な栄養素といえるでしょう。

DHAが多く含まれているのが魚です。魚にはDHAの他に、同じくオメガ3脂肪酸のエイコサペンタエン酸(EPA)という物質が含まれ、これも母体や胎児にとって重要な栄養素となります。

魚に含まれる水銀には要注意

しかし、魚を食べる時に注意する点があります。魚は生きているうちに、どうしても自然界の水銀などの有害物質を体の中に取り込んでしまいます。普段なら、さほど気にする必要はないのですが、胎児は母体を通して入ってきた水銀を外に排出できないため、妊娠中はより注意深く魚を食べるべきでしょう。

また、妊娠中にDHAなどが胎児にいいからと、魚ばかりを食べていると、胎児に悪影響を与えてしまう可能性があります。魚を食べることはとてもいいことです。しかし、水銀が多く含まれている可能性があるカジキ、キンメダイ、クロマグロといった食物連鎖の上位の魚はたくさん食べない方が安全です。

妊娠に気付いたら気をつけよう

ただ、妊娠は妊娠してすぐに気付けるものではありません。妊娠に気付かずに、水銀に注意すべき魚を食べてしまっている場合もあるかと思います。その場合でも、あまり気にする必要はないようです。

胎児が水銀を取り込んでしまうには胎盤が必要ですが、胎盤ができ上がるのは妊娠4ヵ月程度。一般的にはほとんどの妊婦が妊娠に気付いているはずですので、妊娠に気付いたら注意するという心掛けで問題ありません。

DHAはサプリメントからでも

お勧めできるのが、アジやサバ、イワシなどの青魚。これらからDHAをEPAとともに摂って下さい。そして、もしも魚が好きではないなどの理由で食べられないのであれば、サプリメントでの摂取も可能です。

出産後も、お母さんが食べたDHAは母乳を通して赤ちゃんへと受け渡されます。妊娠中も出産後も、水銀が怖いからと魚を食べない方が赤ちゃんのためによくありません。赤ちゃんが元気で健やかに成長するために、よりよい食生活を送って下さい。

更新日:2016年2月29日

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。