healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

子供が突然腹痛を訴えたら…考えられる病気は?

お医者さんでも難しい腹痛

子供の腹痛は専門の小児科の医師でも判断が難しいといいます。ひと口に腹痛といっても、痛む場所はどこか、どのような痛みなのか、繰り返し起こるのかなど、症状だけでも様々なパターンがあります。

そして、子供はそういった痛みを上手く口で説明できない場合があり、子供自身もその痛みがどういうものなのかを認識できていない場合もあります。そこで、大人は痛みを訴えている子供の様子や、普段の様子との違いなどから、それが病気なのか、もしも病気ならどういう病気なのかを考えることになります。

最後にうんちをしたのは?

子供の腹痛で最も多いのが便秘です。腸の中に、たくさんの便が溜まり、ガスが増えると、激痛を感じることがあります。子供に「うんちが出たのはいつ?」などと質問するのが良いでしょう。また、子供のお腹を触ると、左下にころころと便の固さを感じることもあります。この場合、市販の浣腸薬で解決する場合もあります。

下痢と嘔吐では脱水対策を

次に多いのは急性胃腸炎や風邪。急性胃腸炎はウイルスや細菌が原因の感染性胃腸炎であることが多く、腹痛の他に、発熱や嘔吐、下痢、血便が出る場合があり、倦怠感から子供に元気がなくなることも。ただ、子供に限らず、症状に個人差が多いのが急性胃腸炎ですので、その判断は難しいようです。

そして、腹痛と風邪の症状が現れている場合、ノロウイルスなどのウイルス性胃腸炎の可能性も考える必要があります。風邪だと思って飲ませた風邪薬の中に含まれている鎮痛剤が胃を荒らしてしまうこともあり、それがお腹の痛みにつながったり、悪化させたりすることもあります。

ウイルス性胃腸炎では、嘔吐と下痢を伴います。これらが繰り返されますと、脱水が心配されますので、水分補給を怠らないように気をつけます。ただし、一気に飲ませるのではなく、少しずつ与えましょう。与えるのは水よりもスポーツドリンクのようなミネラル分を含んだものが良いようです。

緊急の場合は夜間でも病院へ

これらの腹痛は、子供が痛みを訴えてから、時間に余裕のある場合です。腹痛の中には虫垂炎や、腸重積といった命に関わる病気もあります。

子供がお腹が痛いと言っている場合、それがどの程度の痛みなのかを大人は判断する必要があります。子供が我慢できないような痛みであれば、これらの急を要する病気は病状の進行が速いため、夜間でも病院などの受診が必要になります。

心理的な要因が「腹痛」になることも

子供の腹痛の原因は様々です。上に挙げたような病気に加えて、心理的な問題から腹痛を訴える場合があります。その判断のためには、子供の普段の様子をよく見ておく必要があります。

そして、子供は上手く症状を伝えられないため、お腹には問題がなく、他の部分、たとえば頭痛であるはずの痛みを、「お腹が痛い」と訴えることもあり、大人はその可能性も考えておかないといけないでしょう。

症状を伝えることが苦手な子供たち

子供が腹痛を訴えている場合、大人は腹痛以外の症状はどうか、便は出ているか、下痢便か、便に血は混じっていないかなどを確認することになります。そして、それまで寂しがっていなかったかなどの心理面の判断も必要になります。

子供は自分の症状を伝えることが苦手です。しかし、お母さんやお父さんなどであれば、医師よりも上手く症状を把握できる可能性もあります。そのためには、子供との信頼関係が欠かせません。普段から子供のことを、よく見ていること、そして、それを子供に伝える必要があるでしょう。

更新日:2016年2月15日

PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。