healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

予防接種を受けてもインフルエンザにかかる!?

予防接種の効果が現れるまでには2週間ほどかかる

予防接種の効果が現れるまでには2週間ほどかかる

インフルエンザの予防接種を受けた人の多くは、「これでもう大丈夫」と安心しているかもしれない。しかし、残念ながら予防接種を受けた後でも、インフルエンザにかかることがある。インフルエンザワクチンは、接種を終えたからといって、すぐに予防効果が現れるわけではない。十分な効果が得られるまでに、規定の回数の接種を終えてから2週間ほどの期間が必要となる。そのため、タイムラグとも言えるその間にかかってしまう可能性がある。

毎年12月中旬までに受けることが重要

インフルエンザは、毎年12月から3月頃にかけて流行する。そのため、十分な予防効果を得られた状態でインフルエンザのシーズンを迎えるには、12月中旬までに予防接種を終えることが望ましい。
なお、インフルエンザワクチンの予防効果が続くのは、5ヵ月程度までと考えられている。そのため、「前のシーズンで受けたから、今回は受けなくても大丈夫だろう」という考えは通用しない。インフルエンザワクチンには重症化を防ぐ働きもあり、接種後にかかってしまった場合も症状を軽減させることができるため、毎年必ず受けるようにしたい。

インフルエンザワクチンは、そのシーズンに流行が予測されるウイルスに合わせて製造される。その点においても、毎年の接種は必要だと言える。接種量と回数は年齢に応じて異なり、13歳未満であれば、期待される予防効果が得られるように、2度目の接種までを終えることが重要となる。
また、インフルエンザは3種混合ワクチンであり、どの型が流行しても予防効果が得られるが、ウイルスの突然変異による新型の場合は、予防効果が落ちることがある。また、100%予防できるとは言い切れないので、予防接種をしても手洗いやマスクの着用などを行うことが勧められる。

年齢別のワクチンの接種量と接種回数

年齢 接種量
(1回あたり)
接種回数
(1)6ヵ月以上3歳未満0.25mL2回※注1
(2)3歳以上13歳未満0.5mL2回
(3)13歳以上0.5mL1回※注2・注3
  • 注1:一部のワクチンは「1歳以上3歳未満」において「1回あたり0.25mL、2回接種」となる。
  • 注2:1回目の接種時に12歳だった人が誕生日を迎え、2回目の接種時に13歳になっていた場合は、12歳とみなして2回目の接種を行って良い。
  • 注3:13歳以上でも基礎疾患(慢性疾患)があり、著しく免疫が抑制されている状態だと考えられる人は、医師の判断で2回接種となる場合がある。

出典:厚生労働省 インフルエンザQ&A

自治体によっては公費負担が行われていることも

インフルエンザの予防接種は、病気に対する治療ではないため、健康保険は適用されない。そのため、費用は原則として全額自己負担となり、金額は医療機関によって異なる。ただし、自治体によっては、予防接種法で定められた定期接種の対象者(65歳以上、あるいは60〜64歳で特定の障害がある人)や、それ以外の人にも公費負担が行われている。詳しくは自分が住む自治体の保健所や保健センター、医療機関、かかりつけ医などに問い合わせてみよう。

みなさんの感想

Loading...

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。