healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

年代別の対策を!女性の骨粗鬆症(骨粗しょう症)

女性ホルモンは骨にも関係がある!?

女性ホルモンは骨にも関係がある!?

エストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンは、女性らしい体つきにしたり、排卵をコントロールしたりすることで知られている。ほかにも、古い骨が破骨細胞に壊されるのを抑える働きがあり、エストロゲンの分泌量が低下する閉経後は骨量も低下してしまう。このような背景から、起立や歩行が困難なロコモティブシンドローム(運動器症候群:通称ロコモ)を引き起こす骨粗鬆症(骨粗しょう症)などの病気は、高齢の女性で多くみられる。

年代別の骨粗しょう症対策

骨粗鬆症(骨粗しょう症)を予防するには、若い頃から健康な骨づくりをこころがけることが望ましい。また、年齢とともに、意識的に骨に良い生活を送ることも重要となる。それぞれの年代に合った対策で、強い骨を目指そう。

骨粗鬆症(骨粗しょう症)の年代別の対策

●10代〜20代

骨が形成されるこの時期は、無理なダイエットは避け、栄養バランスのとれた食事をこころがけたい。強い骨づくりには、骨にある程度の負荷をかけることが欠かせないので、部活動などを通して定期的に運動をしよう。

●30代〜40代前半

家事や仕事に追われ、栄養の偏った食事が続く、十分な睡眠時間がとれないなど、生活が不規則になりがちなのがこの年代。乳製品でカルシウムを、魚でビタミンDを、緑黄色野菜でビタミンKを摂るなど、骨づくりに必要な栄養を意識して食事をするようにしたい。特に妊娠・授乳中は、カルシウムが不足しないように気をつけよう。

●40代後半〜50代

骨量が低下し始めるこの時期は、将来に向けて、バランスのよい食事と適度な運動を続ける習慣をもつようにしたい。この年代に多くみられる、高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などは骨量の低下にもつながるため、これらの生活習慣病を予防するためにも、日頃の生活を見直そう。早期発見のために、この時期から骨密度測定を定期的に受けることができれば理想的だと言える。

●60代以上

もっとも発症しやすいこの年代は、予防の基本となる栄養バランスのとれた食事、定期的な運動、体内でビタミンDをつくるのに欠かせない日光浴を習慣にしよう。既に骨量が低下していることが考えられるため、早期発見・早期治療のために、定期的な検査も続けよう。また、転倒による骨折を防ぐために、つまずかないように床に物を置かない、夜中にトイレに向かう通路に照明を設置する、可能であればトイレや浴室に手すりを設置するなど、家の中の環境にも気を配るようにしよう。

骨粗鬆症(骨粗しょう症)による骨折は、要支援・要介護が必要となる原因の上位を占める。本人が気をつけるのはもちろんのこと、両親が高齢の場合などは、家族などまわりの人のサポートも重要となる。

かかりつけの婦人科で診てもらうことも可能

骨粗鬆症(骨粗しょう症)は、主に整形外科や内科、外科にかかる人が多い病気だが、女性に多いという特性上、婦人科で診てもらうこともできる。痛みがある場合は整形外科を受診することが勧められるが、痛みの自覚はないが骨について相談したいという場合は、かかりつけの婦人科を受診しても良いだろう。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。