healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

30代でも突然起きうる「若年性脳梗塞」

脳梗塞は高齢者だけに起きるとは限らない

脳梗塞は高齢者だけに起きるとは限らない

脳の血管が詰まったり、狭くなったりすることで、脳に十分な栄養が行きわたらなくなる病気、脳梗塞。どの血管に起きるかによって、手足のしびれや言語障害、意識障害など症状は異なり、ときには後遺症となって残ることもある。60代以上で多くみられ、通常は高齢者の病気として知られている。

では、高齢者にしか起こらないかといえば、決してそうではない。近年では、40〜50代の働きざかりでの発症が増えている。さらには、それよりも若い人で発症する「若年性脳梗塞」もみられる。若年性脳梗塞は、40〜45歳以下での発症を指すのが一般的だが、30代ばかりか、なかには10〜20代での発症も報告されている。

検査で異常なし!タバコも吸わない!それでも発症することも

動脈硬化や、血液の固まりによって血管がふさがれることなどが、脳梗塞の主な原因として挙げられる。そのため、たとえ若い人であっても、動脈硬化を引き起こす高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病にかかっている人や、喫煙をしている人は、脳梗塞になる確率が高くなる。

ただし、若年性脳梗塞の場合、上記のような生活習慣病や喫煙の習慣がなく、健康診断などで検査値に異常がないにもかかわらず、突然発症することがある。これは、生まれつきの体質などが関係していると考えられているが、はっきりしたことはわかっていない。

若いうちから、動脈硬化を予防することが大切

原因不明のものを除けば、年齢を問わず、動脈硬化にならないような生活を送ることが、脳梗塞の予防には有効となる。血管に負担をかけないよう、若いうちから次のようなことに気をつけよう。

若年性脳梗塞を予防するポイント

  • ●脂肪分や塩分などの摂りすぎにならないよう、バランスのとれた食事をする
  • ●血液の流れをよくするために、適度な水分を摂る
  • ●入浴のため暖かい部屋から寒い脱衣所に入る際など、温度が急激に変化しないようにする
  • ●過度にストレスを感じてしまう状況を、できるだけ避ける
  • ●便がなかなか出にくいときでも、必要以上にいきまない
  • ●高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病にかかっている人は、きちんと治療を受ける

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。