healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

大腸がん検診を受けに行こう!

意外!女性のがん死亡者数1位は「大腸がん」

部位別のがんによる死亡者数(女性・2009年)
部位別のがんによる死亡者数
(女性・2009年)

近年、乳がんや子宮頸がんに対する女性の意識が高まっている。
乳がんの早期発見にマンモグラフィー検査が有効であることや、子宮頸がんはワクチンの接種で予防できることなども、広く知られるようになった。

女性特有のがんがさまざまなメディアで取り上げられる一方、女性の部位別がん死亡者数でもっとも多いのが「大腸がん」であるという事実は、多くの人が意外に思うかもしれない。(2009年現在)
しかも、実は2003年以降ずっと1位であり続けているのにも関わらず、あまり注目を浴びていないというのも驚くべき点だろう。
なお、男性の死亡者数では肺がん、胃がんに続いて第3位。全部位合計の死亡者数は、女性が約13万8千人、男性が約20万6千人となっている。(2009年現在)

40歳を過ぎたら大腸がん検診へ

40歳を過ぎたら大腸がん検診へ

初期の大腸がんは、自覚症状が現れることはほとんどない。
血便が出ることはあるものの、痔と思い込む人もいて、見逃されることが多い。
大腸がんの早期発見でもっとも有効だといえるのが、住んでいる地域や職場の集団検診や人間ドックなどで検診を受けること。
大腸がんは、早期に発見されれば90%以上の人が治るといわれているので、検診を受ける意義は高いといえるだろう。

大腸がん検診の対象年齢は40歳以上。
問診のほかに、便の中にわずかな量の血液が含まれていないかを調べる「便潜血検査」が行われる。
これは、2日分の便を採取し、検査機関に提出するだけという簡単なものでありながら、死亡率を減らせることが証明されている信用度の高い検査だと考えられている。
便の採取は専用の検査容器で表面をこするだけでできるため、検査を受ける人にとって大きな負担にはならない。

「異常なし」でも油断は禁物

便潜血検査で「陽性」(異常あり)という結果が出た場合は、さらに詳しく調べるために内視鏡検査などを受けることになる。
ただし、痔や月経による出血でも反応することがあるため、陽性だからといって必ずしも大腸がんであるとはいえない。

反対に、大腸がんがある場合でも100%の確率で陽性の反応が出るわけではないため、「陰性」(異常なし)という結果が出た人も、大腸がんの可能性を完全に否定することはできない。
このような発見漏れが起きる事態を避けるためにも、40歳以上の人は定期的に大腸がん検診を受けることが望ましい。

みなさんの感想

Loading...

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。