healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

冬の暖か快眠術〜冬の寝具の選び方〜

冬でも快適に、ぐっすり眠るには
冬でも快適に、ぐっすり眠るには睡眠は、食事や排泄とともに、生命をささえる最も基本的な営み。快適にぐっすり眠るためには、心地よさを得られる寝具が必要です。個人によって好みもありますが、安眠を得るために必要な条件についてまとめてみました。

意外に大事!布団の役割
かけ布団:寝ている間、布団と体の間の温度・湿度を調整します。すきまができてしまうと、寒さを感じるようになります。
敷き布団:よい寝姿勢を保つために必要です。体が沈みこんでしまうと安眠できず、腰痛の原因となるため、やや硬めのものを選ぶと良いでしょう。
眠る環境も大事!
布団の中:季節に関係なく、体温よりやや低めの33℃くらいを保つと良いでしょう。
室温:夏は26℃、冬は12〜13℃くらいを保つのが最適。
湿度:50%くらいが最も寝心地が良いと感じられます。

あなた好みの布団を選ぼう
布団は、綿、合繊、羽毛など使用している素材によって、使用感に違いがあります。それぞれに特徴があり、好みの問題もあるので、季節、環境、嗜好などにより「自分はこれが好き!」と思える布団を選ぶと良いでしょう。やはり長く使用するものだけに、自分自身の好みにあわせて選ぶことが重要です。
ずっしりした重めの布団が好きな人は綿素材のものを、とにかく軽くてベランダ干しなどの作業を楽に済ませたい!という人には合繊などが向いているかも。ゴージャスな肌触り、ふんわり感が好きな人は羽毛が良いかもしれません。
かけ布団
種類 総重量 暖かさ 湿り気
綿 約5.0kg 保温性が良い。フィット感が低く、寝返りのときに肩口から熱が逃げやすい 吸湿性に優れている。十分乾燥させれば寝床の中は低湿に保つことができる
合繊 約2.5kg 保温性が良い。布団が体から浮きやすく、暖かさを感じにくい 吸湿性に劣るが、透湿性はある
羽毛 約2.6kg 保温性に最も優れている。ふんわり体を包みこんで暖かく、足もとも暖まりやすい 湿気が放散されずに体側にこもる。室温が高いと寝床内が蒸れることも
敷き布団
種類 総重量 暖かさ 湿り気
綿 約6.5kg 保温性が良い。床についている感じもない 吸湿性に優れている。じゅうぶん乾燥させれば寝床の中は低温に保つことができる
合繊 約6.5kg 綿とほぼ同じ 吸湿性に優れているが、綿よりやや劣る
羽毛 約3.5kg 薄いためにやや、床についている感じがある。熱が逃げやすいため、冬に1枚では寒いが、夏は涼しく使える 寝床内はそれほど低湿にはならないが、サラっとして体に湿り気を感じない

布団に入る前のひと工夫も有効
布団に入る前のひと工夫も、就寝時により暖かさを手に入れるのに役立ちます。
ここでは日常生活で手軽にできる、よりポカポカした体で眠りにつくための方法をご紹介しましょう。

□就寝前の入浴
湯冷めしてしまってはもったいない。入浴してすぐ寝ると、体のポカポカを保てる
□靴下などで、足元はがっちり冷えからガード
裸足でフローリングを歩くといっきに冷えてしまいます
□湯たんぽなどで、布団の中の足元を暖めておく
湯たんぽはエアコンと違い、体をあまり乾燥させません
□ホットドリンクを飲む
おすすめは生姜湯。体の芯からポカポカします。ただし、コーヒーなど刺激物はNG
□飲酒はほどほどに
トイレに起きて、寒い廊下などを歩いているうちに体が冷えてしまいます

【コラム】 原始時代、ヒトはベッドで寝ていた?
縄文時代、日本人は竪穴式の原始的な住居に住んでいました。床は土間で壁が土という構造で、寒さや湿気に弱いため、木製の台を作り、竹のすのこを編んで床を張り、その上に毛皮や編草を敷いて寝るという生活だったといいます。つまり、大昔の日本人はベッドの生活をしていたのです。
現代のような布団が普及し始めたのは、江戸時代末期からと言われています。
更新日:2015年1月19日

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。