healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

魔女の一撃!?ぎっくり腰はこう対処しよう

運動不足が原因で起こる、腰の激痛!
腰の激痛 重いものを持ち上げたり、激しい運動をするなど、姿勢の変化のはずみに起こるぎっくり腰。西洋では「魔女の一撃」とも呼ばれるほど、急激に起こる強い痛みが特徴だ。しかもイスから立ち上がるなどの日常的な動作でもその可能性はあるというから油断ならない。その痛みの原因は、急激な運動に耐えられずに起こる腰の筋肉の肉離れや腰椎ねんざで、運動不足によるところが大きいといわれている。

つまり、ぎっくり腰の予防は日常生活の姿勢と、腰の筋力強化にあるということだ。日ごろから、腰痛体操などを取り入れよう。

その一撃、まずはこう対処しよう
しかし、いざ痛みが起こってしまったときのために、その対処法はしっかりと頭に入れておきたいもの。まず痛みが起こったのが自宅なら、背骨にかかる負担を軽減させるためにすぐに横になろう。仰向けに寝て、ひざを曲げたり、ひざ下にクッションを置いて足を高くするのが最も楽な姿勢といわれている。または横向きに寝て、エビのようにおなかをまるめてひざを曲げてもよい。自分がいちばん楽な姿勢を保とう。

仕事場や外出先で起こったときには、壁や柱などにもたれて呼吸を整え、落ち着いたら腰を下に垂直に落とすようにして動かないように固定し、ひざを軽く曲げてクッションのように衝撃を吸収させながら歩いて移動しよう。このとき壁をつたいながら、カニのように横に歩くと少し痛みが楽になる。とにかく腰を動かさないことが鉄則だ。

早く治すコツ・最も大切なのは安静 
安静ぎっくり腰は通常2〜3日あれば痛みが軽くなってくるが、その間痛みと格闘し続けるのはあまりにつらい。そこでねんざや打撲のときに行う応急処置の英語の頭文字を取った「RICE」の原則を使い、少しでも楽に、また回復を早めよう。なかでもぎっくり腰に対しては「R(安静)」「I(冷却)」「C(圧迫・固定)」を自宅で行うことができる。
RICE(ライス)の原則
REST
(安静)
1に安静、2に安静がぎっくり腰の治療の鉄則。足を高くしてゆっくり休もう。
ICE
(冷やす)
発生後間もなく、まだ痛みがあるときには冷湿布をする。脳に伝わる神経に冷たさの刺激が加わることで、痛みの刺激をブロックする作用がはたらくので、痛みがやわらぐ。ただし、一度に長時間行うと、血行が悪くなり、筋肉が硬くなり過ぎてしまう。筋肉が硬くなると回復の遅れにもつながるので、注意しよう。
COMPRESSION
(圧迫・固定)
コルセットやさらしを強く巻いて、腰を圧迫、固定することで、痛みがやわらぐ。さらしの場合は、胸の下からお尻にかけて広く巻くと、より痛みが楽に感じられる。
ELEVATION
(挙上)
痛みが起こっている部分を心臓よりも高く持ち上げること。ただしぎっくり腰の場合これは難しいので、手や足などのねんざのときに行うよう、頭に入れておこう。ぎっくり腰の場合はRICまでを自宅で行うのがよい。

ぎっくり腰は、時間とともに痛みが落ち着き、お尻や足のしびれや感覚のまひなどがない場合には、そのまま安静にしていてもよい。ただし、発熱や吐き気などほかの症状がある場合には、ほかの病気が隠れている可能性もあるので、整形外科を受診して、レントゲン検査などを行い、原因を確定しよう。カイロプラクティックや整骨院に行く場合も、まずは整形外科で原因を確定してからのほうが、適切な治療を受けることができる。

ただし、激しい痛みが残っている場合に無理に外出すると、かえって悪化することもあるので、注意が必要だ。いずれにしても、魔女の一撃に対抗するには、日々の予防と起こったときの応急処置を忘れずに。

悪化させないために!ぎっくり腰にこれは禁物!
・ 痛みがあるのに無理して歩いたり、重いものを持ったりしない
  回復が遅れたり、さらに悪化させる恐れがある。
・ 温めたり、マッサージをしない
  炎症を起こしている状態なので、強い痛みがあるときに温めるのは禁物。お風呂も無理して長い時間入らないように。ただし、痛みがやわらいできたら、冷却から温熱に切り替えて、血行を良くして、筋肉をほぐそう。この時期になればお風呂でもしっかり体を温めたい。
・ 痛みがあるのに無理をして仕事をしたり、ストレスをためない
  無理をすれば回復は遅れるし、ストレスも腰痛を悪化させるといわれている。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。