healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

働き盛りのあの人が変わった〜原因はピック病

中高年男性が万引き?

働き盛り

最近の新聞などで、「中高年男性の万引き」というショッキングな記事を見かけた人も多いのではないだろうか。多くは50代の働き盛り、しかも社会的地位があり「まさかこの人が?」と思われるような人がボールペンや消しゴム、チョコレートなどといった子どもが欲しがるような物を万引きするといった内容だ。これらの事件を起こした当人に罪の意識はなく、釈放後、間もないうちに同じような事件を繰り返すという。

こうしたケースはいずれも初老期に見られる認知症、「ピック病」であると診断され、働き盛りの中高年男性に増えつつある病気として注目されている。

若年性アルツハイマー病と異なる点は

ピック病は40〜60代という比較的若い世代で発症する点が若年性アルツハイマー病と似ている。しかしこの2つには明らかな相違が見られる。まず、異常が起こる部位が異なる。CTやMRIで撮影すると、若年性アルツハイマー病では頭頂葉や側頭葉後部に異常が見られるのに対し、ピック病では前頭・側頭葉に異常が見られるという。

また若年性アルツハイマー病では障害、意欲の低下、個性の喪失などの症状が顕著になるのにくらべ、ピック病は人が変わったようになってしまうという特徴がある。無欲・無関心になるのに加え、浪費、過食、収集、窃盗、徘徊などの異常行動が見られるようになる。症状が進行するにしたがって自制力が利かなくなり、粗暴な行動や一方的に話す行為、人を無視したような態度をとることも。性格の豹変振りに家族も驚きを隠せないことが多いようだ。

ピック病の問題点

中高年男性

先に紹介した中高年男性らのケースでは、ピック病という診断がつかず、万引きという脱法行為によって社会的地位を失い、家族まで巻き込んでしまう悲惨な結末を迎えている。というのも、日本の医学界ではごく一部の専門家をのぞいてピック病という病気の存在すら知られておらず、異常行動は単なる反社会的な行為として片付けられてしまうケースが多いのだ。

ピック病はその反社会的な行動だけでなく、しだいに記憶障害や言葉が出ないなどの神経症状が現れ、最終的には重度の認知症に陥るという。原因や治療法はまだ十分に分かっていないが脳血流を活発にする栄養補給や適切なケアで、悪化を遅らせることは可能と考えられるとする専門医の声もある。医療従事者や家族、社会全体でピック病に対する知識を持ち、新しい治療法が開発されていくまで患者をサポートしていく必要があるだろう。

ピック病(初期〜中期)のチェックリスト

1.状況にあわない行動
場所や状況に不適切と思われる悪ふざけや、周囲の人に無遠慮で身勝手な行為をする。
2.意欲減退
引きこもりや何もしないなどの状態が続き改善しない。思い当たる原因はとくになく、本人の葛藤もない。
3.無関心
周囲の出来事に無関心になったり、身だしなみに気を使わず不潔になったりする。
4.逸脱行為
万引きなどの軽犯罪を犯すが反省や説明ができず、繰り返すことが多い。
5.時刻表的行動・繰り返し行動
散歩や食事、入浴などを時刻表のように毎日決まった時間に行う。やめさせたり待たせたりすると怒る。
6.食べ物へのこだわり
毎日同じもの(とくに甘いもの)しか食べず、際限なく食べる場合もある。
7.言葉の繰り返し
同じ言葉を繰り返したり、他人の言葉をオウム返しする。
8.好みの変化
突然甘いものが好きになるなど好みが大きく変わる。 酒やたばこなどは以前と違い大量にとる。
9.発語、意味の障害
無口になったり語彙が少なくなったり、品物の名前や使い方が分からなくなる。
10.短期記憶の維持
最近の出来事などの短期記憶は保たれる。日時も間違えず、外出しても道に迷わない。

40歳以降に、あてはまる項目が3つ以上あると疑いがある。
4、5、7、9は1項目で疑いあり。

作成:宮永和夫(群馬県こころの健康センター所長)

更新日:2007年10月29日

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。