healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

顔が変わる病気〜アクロメガリー

成長ホルモンの過剰分泌で、体に変化

太ったせいかな…

もし、あなたがすでに大人であるにもかかわらず、じょじょに手足の先が大きくなったり、額やあごが肥大したらどう思う?「太ったせいかな…」そう考えてダイエットをしたりする程度で、まさか外見の変化が「病気」のせいだとは考えないだろう。

このように、体の先端が肥大する病気を「アクロメガリー」、または先端巨大症という。脳の下垂体に腫瘍ができ、成長ホルモンが過剰に分泌されて起こる病気だ。
多くの場合、外見上の変化だけでなく頭痛や高血圧、いびき、多汗などの症状もともなうが、外見上の変化がゆっくり進むのに加え、頭痛などの症状もごく一般的なものであるため、多くの人は特別な病気だとは気づかない。

また、成長ホルモンが過剰に分泌される状態が続くと、糖尿病や高血圧、高脂血症といった合併症を併発し、ゆくゆくは心臓病などの深刻な病気を引き起こしてしまう。そのため、アクロメガリーの患者さんは平均で10年ほど寿命が短いと言われている。

アクロメガリーの語源は?

はじめて聞いた人には印象的な「アクロメガリー」という病名。名づけ親はフランスの神経学者ピエール・マリー(1853-1940)で、ギリシャ語で先端をあらわす“akron”と巨大をあらわす“mega”に由来して名づけられた。

古いアルバムの自分が、違う顔だったら…

顔つきが変わった!

アクロメガリーかどうかを診断するには、内分泌科や脳神経外科などで、成長ホルモンなどの量を調べる血液検査を行う。アクロメガリーが疑われる場合には、さらにCTやMRIなどの画像診断装置で、腫瘍があるかどうかを確認する。

アクロメガリーはまれな病気であることから医師にも詳しい人が多くなく、生活習慣病などと勘違いされてなかなか発見されない。下記のような外見上の変化、症状はアクロメガリーのサイン。昔のアルバムをめくって今の自分との違いにびっくりしたり、数年ぶりに会った友人などに「顔つきが変わった!」と指摘されるケースも多いようだ。

●外見上の変化

額・目の上・下あごが突き出る/鼻が大きくなる/唇が分厚くなる/
舌が大きくなる/指輪が入らなくなる/靴が入らなくなる

●さまざまな症状

頭痛がする/視力が低下する/噛み合わせが悪くなる/舌がからまる/
声が低くなる/大きないびきをかく/指先がしびれる/関節痛/
全身汗をかく/日中に眠くなる/生理不順/性欲低下など

早めに治療すれば、元の自分を取り戻せる

早めに治療すれば

アクロメガリーの治療は、まず原因である腫瘍を取り除く手術を行うのが一般的。最近では、頭に穴を開けることなく手術用顕微鏡や内視鏡を使って鼻の穴から手術する方法が確立されており、熟練した医師が行えば安全性も高い。

しかし腫瘍が大きいために手術が難しい場合や、手術をしても成長ホルモン量が減らない場合は、薬物や放射線などで治療を続ける。
腫瘍を取り除くと生活習慣病に似た症状は消えるが、外見の変化は完全にとり戻すことができない。太くなった指や分厚くなったかかとは元に戻るが、額やあご、唇などの変化は残念ながら戻らないという。そのため、なるべく早い段階で医療機関を訪れ、アクロメガリーと診断されて適切な治療を受けることが重要だ。

更新日:2007年1月9日

みなさんの感想

Loading...

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。