healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

ストップ!エイズ 「感染しない・させない」基礎知識

12月1日は「世界エイズデー」。治療薬の進歩などのおかげで、欧米の先進諸国では、新たにエイズを発症する患者や死亡者が減少している。一方、東アジアの途上国などのように、感染の拡大が続き、社会的な問題となっている地域もある。エイズは、正しく予防をすれば発症を防げる病気。知識を身につけ、しっかり予防対策を行おう!

エイズとHIVの違いって?
HIV感染者及びAIDS患者報告数の年次推移エイズ(AIDS)とは、Acquired Immuno-deficiency Syndrome(後天性免疫不全症候群)の略。その原因となるのがHuman Immuno-deficiency Virus(ヒト免疫不全ウイルス)、すなわちHIVだ。つまり、エイズとはHIVに感染したために起こる病気を指す。よく混同されるのは、「HIV感染者」と「エイズ患者」。HIV感染者は、体内にHIVを持っているものの、病気が発症していない状態の人のこと。これに対し、エイズ患者はHIVの感染がもとで体を病気から守る免疫系が破壊され、体の抵抗力が弱まってさまざまな病気を発症している人を指す。それではいったいどうして、HIVが体内に入ると、エイズが発症されるのだろうか。

人間には、カビやウイルスなどの病原体と戦う「免疫(抵抗力)」というものがある。HIVは免疫のひとつ「ヘルパーT細胞」に入り込み、その中で増殖していく。増殖したHIVはヘルパーT細胞を破壊して外に飛び出し、また別のヘルパーT細胞に侵入する。ヘルパーT細胞は、抵抗力を司る、いわば司令官のようなもの。それが次々と破壊されていくのだから、体全体の免疫がはたらかなくなってしまうのも、無理はない。

その結果、健康なときにはなんでもない細菌・ウイルス・カビなどの攻撃に耐えられず、さまざまな感染症に罹患し、神経障害やカポジ肉腫、悪性リンパ腫など悪性腫瘍に侵されることになる。

 世界エイズデーにちなんで〜「レッドリボン」とは?〜

レッドリボン(赤いリボン)はもともとヨーロッパに古くから伝わる風習のひとつで、病気や事故で亡くなった人に対し追悼の気持ちを表すもの。エイズが社会問題化し始めた1980年代の終わりごろから、エイズに苦しむ人々への理解と支援を意思表示するシンボルとして使われはじめ、今ではUNAIDS(国連合同エイズ計画)のシンボルマークにも採用されている。レッドリボンは、エイズに偏見をもっていない、エイズとともに生きる人々を差別しないというメッセージ。レッドリボンを身につけ、エイズをみんなで考えていこう。

どんなときに感染するの?
どんなときに感染するの?HIVは、血液、精液、膣分泌液、母乳のいずれかによって感染する。したがって、感染経路は以下の3つだ。

感染経路1性行為による感染
膣の中や性器、尿道、肛門の中などの粘膜は、傷などもつきやすく、ウイルスが侵入しやすい状態になっている。また、性交時は摩擦などで皮膚が傷ついたり、炎症を起こしたりすることがあり、HIVに感染しやすい。性感染症にかかっているときは、性器や粘膜に炎症が起こっている可能性が高く、さらに感染リスクが上がる。

感染経路2血液による感染(輸血、非加熱製剤、針刺し事故・注射器の回し打ち)
HIVが入り込むヘルパーT細胞は、血液成分のひとつ。したがって、血液による感染の危険度はとても高い。使用ずみの注射器には、HIVの含まれた血液が残っている場合があるため、回し打ちなどはしてはならない。また、HIV検査目的で献血をすれば、輸血による感染が広がる可能性がある。絶対にやめよう。

感染経路3母子感染
抵抗力の弱い赤ちゃんは、母親の血液、母乳により、HIVに感染してしまうことがある。危険な段階は3つ。まずは子宮内にいるとき。赤ちゃんに母親の胎盤を経由してHIVが感染する。次に出産時。産道を通るときに血液から感染する。また、母乳にもHIVが含まれるため、母乳をあげることで感染しやすくなる。
もっとも危険度が高いのは出産時。したがって、母親がHIV感染者の場合は、帝王切開で出産をおこなうと感染確率を抑えることができるとされている。

治療法はあるの?
HIVを体内から完全になくす治療法は現在まだないが、HIVの増殖を抑えてエイズの発症を遅らせることで、長期にわたり問題なく生活することはできる。HIVに感染していないか調べるには、HIV抗体検査を行う。感染していた場合、複数の抗HIV薬を投与する多剤併用療法(HAART)によって、HIVの増殖を抑える。

日本では、新たにエイズを発症する患者が増加傾向にあるが、これは欧米の先進諸国ほどHIV抗体検査が普及していないため、治療が遅れることが原因だと考えられる。検査は、全国の保健所で匿名で受けられ、料金もかからない。早期発見・早期治療のために、HIV抗体検査の普及が急がれる。

感染するのはどんなとき?
HIVは感染力が弱く、感染経路も限られているため、予防は可能だ。日常生活では、性行為以外に感染することはまずない。だからといって、HIVを甘く見てはならない!正しい知識を身につけて、適切な対応をするようにしよう。

以下の行為は感染するかどうかYES、NOで答えよう。

1
握手やキスでは感染しない Yes No
2
同じ食器や便器を使うと感染する Yes No
3
蚊やダニがいる場所に一緒にいると感染する Yes No
4
1回や2回のセックスなら大丈夫 Yes No
5
セックスの際、経口避妊薬ピルやペッサリーを使えば大丈夫 Yes No
6
かみそりを共有すると場合によっては感染することもある Yes No
7
歯ブラシを共用すると感染する危険もある Yes No
8
お風呂やプールに一緒に入ってもかまわない Yes No
→回答 1.YES 2.NO 3.NO 4.NO 5.NO 6.YES 7.YES 8.YES

コンドーム(男性用)は絶対なの?

感染を防ぐためにも、セックスの際はかならずコンドームを着けるようにしよう。ただし、それだけで完璧に予防できるわけではない。コンドームに亀裂や穴があれば、そこから感染しないとも限らないからだ。使用前には必ず明るい場所で確認しよう。また女性は性交時に接触する(膣と子宮頸部の)粘膜の表面積が広いため、男性よりも感染しやすい。男性まかせにせず、女性向けコンドームを使うことをおすすめする。

みなさんの感想

Loading...

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。