healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

「座る」は「立つ」より疲れる!体にあった椅子選び

座り心地と健康を考えた椅子が増加中!

映画館

公共空間の椅子の座り心地が、ずいぶんよくなっている。映画館や電車の椅子も適度にクッションがきいて、適度に硬い。人間にとっての使いやすさという観点から、機械や道具のあり方を研究する「人間工学」(エルゴノミクス)という学問があるが、その考え方をとりいれた製品が増えている。またビジネスシーンでも、パソコンの普及により長時間椅子に座ったまま過ごす人が増えたこともあり、体に負担のかからない椅子が注目されている。
椅子が進化し、よい製品と出会えそうな今、いつも座っている椅子について見直してみよう。

「座る」は「立つ」より疲れる

椎間板

正しい姿勢の基本は、あごを引き、首をできるだけ長く伸ばし、背筋も伸ばして、腰をあまりそらさず、お尻も後ろに突き出さないまっすぐな姿勢である。こうすると、背骨や背骨を支えている筋肉に無理な負担がかからない。座っているときも立っているときも同じ。ただし、立っているより座っているほうが、腰に大きな負担がかかるのだ。

楽に立っているときに、腰の椎間板にかかる力を100とすると、背もたれのない椅子に腰かけたときは、40%も増えるとか。座った姿勢のときは、立っているときより体の重心線が椎間板の近くを通ることになり、腰の筋肉などがより強くはたらいて腰椎への圧力を増すためだと考えられる。それだけ、座ることは体に負担がかかるのだ。

ちなみに、座る姿勢が悪いために起こる体のトラブルや病気で、最も警戒すべきは腰痛。そのほか、背中の痛みや肩こり、精神的なストレス、内臓のトラブル(胃腸の調子を崩したり便秘になるなど)などが考えられる。また、パソコンを長時間使っている場合だと、視力低下や眼精疲労、腱鞘炎を招くこともある。

体によい椅子、悪い椅子

では、さまざまなトラブルを回避するためには、どんな椅子を選べばよいのだろうか。パソコンに向かう場合を中心に、体によい椅子選びのポイントを紹介しよう。

体に悪い椅子

  • ●背もたれのない椅子
    背骨をまっすぐに支えようとして、背中や腰の筋肉が休まらない。
  • ●背もたれが直立した椅子・背もたれが硬い椅子
    自然な姿勢でまっすぐに座ると、お尻の部分が背中より少し後ろに出る。ところが、直立した背もたれだと、寄りかかろうとしたときにお尻を前にずらさなければならないので、腰の筋肉がやわらがない。また背中を後ろ側に反らせるなど姿勢を変えることができないため、背もたれの硬い椅子もよくない。
  • ●背もたれが背中の半分より低い椅子
    本来なら腰の負担を軽くするはずの背もたれが、体の負担となる。寄りかかろうとすると、体が後ろに倒れてしまうため、腰によけいな力がかかるからだ。
  • ●クッションが柔らかすぎる椅子
    あまりクッションが柔らかく厚すぎると、反動がつけにくく立ったり座ったりがしにくい。

体によい椅子

背骨は通常、S字状のカーブを描いている。正しい姿勢で座るためには、この背骨のカーブが保たれ、背もたれに背中がぴったりついて体重を十分支えてくれる椅子が、体に負担がかかりにくくてよい。パソコンを使う場合、高さや背もたれの角度が調節できる、肘かけのある椅子を選ぼう。ちなみに、机の高さは、椅子に座ってキーボードに手を置いたとき、肘が90度になることが望ましい。

体によい椅子

  • 1. 座面の高さ:足が床にペッタリついたとき、太ももとふくらはぎの角度が90度になる。
  • 2. 足から座面の距離:腰かけたとき、膝の裏と座面のふちの間にこぶしが一つ入るくらい。
  • 3. 座面の傾斜角度:座面が前に向かって傾斜していると、背筋がよく伸び、腰のカーブがより自然になる。
  • 4. 膝の裏側:膝の裏側の部分は、なだらかにカーブしている。(太ももや膝の裏がこの部分に当たると、足がしびれたり冷えてしまう)
  • 5. 肘かけ:腕の重みは肩こりの原因となる。滑りにくい素材で、座面の前より長くないものが使いやすい。
  • 6. 背もたれ:高さは背中の中ほどより少し上くらい。ウエスト部分が盛り上がっており、座ったときに背中にフィットするもの。姿勢を変えても腰への負担が大きくならないよう、材質に適度な柔軟性があることが望ましい。

手持ちの椅子を座り心地のよいものに

もちろん、普段使っている椅子が理想に叶わないからといって、すぐ椅子を買い換えるわけにはいかない人もいるだろう。最後に、椅子を座りやすくする簡単な工夫を紹介しよう。

  • ●背中のカーブが合わない
    クッションその他を腰あてに使い、楽になる角度を調節する。腰痛のある人などにおすすめ。
  • ●シートが後ろに傾斜し座りにくい
    シートの後ろを高くする敷物・座布団などを敷く。
  • ●座面が高すぎる椅子(あるいは机が高く、座面を高くせざるを得ない場合)
    フットレストまたは電話帳、箱などなるべく長くて広い台を置いて足を支える。

更新日:2005年10月24日

みなさんの感想

Loading...
PR

アドバイザリーボード

  • 答えてドクター healthクリックでは皆様に安心してご利用いただくため、専門家で組織するアドバイザリーボードを設置しています。