healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
-
-


胃に悪い?お肌に悪い?コーヒー7つの誤解を解く

「胃に悪い」「お肌に悪い」などと、なにかと健康面でネガティブなイメージがつきまとうコーヒー。だが、これらはまったくの誤解!最近の研究で、意外な健康効果が次々に立証されているのだ。ひょっとしてあなたもこんな思い違いをしているのでは?

誤解1 コーヒーは胃に悪い?

コーヒーに含まれるカフェインは、胃にとって両刃の剣。というのも、カフェインには胃液の分泌を活発にする効果があるから。つまり、健康な人が食後に飲むと、胃のはたらきが促進されて消化が進む。しかしその一方で、胃酸過多や胃潰瘍の人が大量にコーヒーを飲むと、胃液によって胃壁が荒れがちとなる。空腹時も避けたほうがよいだろう。そういったわけで、いちがいに「コーヒーは胃に悪い」とはいえないのである。

ただし、コーヒーとたばこの組み合わせはタブー。たばこは胃粘膜の血流を阻害し、粘膜が持つ防御機能を弱めてしまう。そこへコーヒーによって胃液が大量に分泌されれば、胃壁はひとたまりもない。

誤解2 コーヒーは便秘になる?

コーヒーは便秘になる?この誤解を生んだ犯人はタンニンという成分。収斂(しゅうれん)作用を持っており、大量に摂取すると便秘を起こすとされる。その証拠に、下痢止めとして古くから用いられてきた植物「ゲンノショウコ」の葉には、タンニンが20%と豊富に含まれている。
だが、コーヒーに含まれているのは、じつはタンニンそのものではなく、クロロゲン酸という成分。ポリフェノールの一種で、たしかにタンニンとよく似たはたらきをするが、コーヒーには4〜5%と少ししか含まれていない。しかも焙煎すると、その多くが分解されてしまう。したがって、よほどがぶ飲みでもしない限り、便秘の心配はない。

誤解3 コーヒーはお肌が荒れる?

「コーヒーこそはお肌の大敵!」と敬遠してきた女性は少なくないのでは?だが、アメリカの研究によれば、コーヒーにはポリフェノールの一種であるクロロゲン酸類を始め、豊富な抗酸化物質が含まれており、肌の張りや老化防止にはむしろうってつけなのだとか。このほか、カフェインが持つ利尿作用や新陳代謝の促進作用も、美肌づくりには欠かせない要素だ。ヨーロッパには昔から「コーヒーは肌を美しくする飲み物」という言い伝えがあり、女性たちはおおいにコーヒーを愛飲してきたとか。

誤解4 コーヒーは肝臓に負担がかかる?

むしろ、二日酔い防止には効果てきめん!コーヒー中のカフェインが、肝臓や腎臓のはたらきを活発にし、アセトアルデヒドの分解を助けてくれる。さらに利尿作用があるため、体内のアルコール排出も促進される。お酒のあとでゆっくりとコーヒーを飲めば、次の日すっきり目覚められるのでは?

だが、「コーヒーを飲めば大丈夫」とばかりに、あまりいい気になってお酒を飲むと、翌日の体調は保証できないので、ご用心を!

誤解5 コーヒーは子どもに飲ませてはいけない?

コーヒーは子どもに飲ませてはいけない?カフェインには、中枢神経を穏やかに刺激し、心と体をリフレッシュするはたらきがある。大人がほっと一息つきたいときは、じつにありがたい飲み物だ。だが、乳幼児などにはこのはたらきが強すぎることもあるので、あまり小さな子どもには与えないほうがよいかも…。とはいえ、小学生に牛乳入りのカフェ・オ・レなどを飲ませるのはまったく問題ない。

誤解6 コーヒーは妊娠中タブー?

現在のところ、コーヒーによる流産や早産、未熟児、奇形児の出産などは認められていない。むしろお母さんがコーヒー好きな場合、飲まないことでストレスが溜まるほうが問題だ。ただし、何事も過ぎたるは及ばざるがごとし。飲み過ぎには注意しよう。

誤解7 コーヒーは飲み過ぎるとがんになる?

これはまったくの誤解。それどころか、コーヒーに含まれるクロロゲン酸や、クロロゲン酸が分解してできるカフェ酸は、がんの発生や増殖、転移を抑えるとされ、最近ではがん予防効果について研究が進んでいる。例えば1日1杯以上飲む人は、肝臓がんによる死亡リスクがまったく飲まない人の半分に、3杯以上なら胃がん発生率が半分になるという結果も。ただし、ほんとうにがん予防効果があるかどうかはまだ検証中だ。

誤解こぼれ話
「アメリカンはお湯で薄めたコーヒー」…は誤解
正式なアメリカンコーヒーとは、浅煎りした豆をドリップ式で薄めに淹れたもの。お湯で薄めたものではない。単なる薄めのコーヒーが、わが国でアメリカンと呼ばれるようになったのは、当時の時代背景によるところが大きい。70年代半ば、コーヒーの生産国として有名なブラジルでは大霜害が起こった。このため、コーヒー豆の価格は大暴騰。しかたなく一部の喫茶店がお湯で薄めたコーヒーをアメリカンと名づけたのだ。

「ブルーマウンテンはコーヒーの王様」…は誤解
ブルーマウンテンはそもそもジャマイカ産のコーヒー豆。そのほとんどは日本に、残りは英国に輸出されている。つまり、世界的にはあまり一般的なコーヒーではないのだ。ブルーマウンテンが日本に上陸したのは昭和12年頃。売り出しの折に業者がつけたキャッチフレーズ「英国王室御用達」が、見事日本人の心をとらえてしまった。以来、ブルーマウンテンは「コーヒーの王様」とされてきたのである。

「インスタントコーヒーはアメリカ人が生み出した」…は誤解
たしかにインスタントコーヒーはアメリカ生まれ。しかし、そもそもの生みの親は、なんと日本人だ。発明者はシカゴ在住の日本人科学者・加藤サトリ。1899年、彼はコーヒーを真空乾燥させ、粉状にする方法を考案した。 この発明は1901年の全米博覧会でいっきに広がることに。第2次世界大戦では軍用飲料として飲まれるようになった。



今週のおすすめ

特集   特集バックナンバー

いいものみつけた

healthクリックよりおしらせ

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。

Copyright(c)2014 Healthclick Co.,Ltd. All rights reserved.