healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
「今年は夏風邪をひかないぞ」宣言!

「夏風邪」なんて、ない!?
夏風邪の原因となるウイルスたち風邪のシーズンといえば冬だが、暑い季節にも、毎年多くの人が風邪をひいて病院を訪れているという。冬にひく風邪に対して、夏にひく風邪を一般的に「夏風邪」と呼んでいるが、医学的に夏風邪という定義はない。風邪の原因となるウイルスは200種類以上もあり、夏場に流行することが多いのは、エンテロウイルス、エコーウイルス、コクサッキーといった高温多湿の環境を好むウイルスたちだ。主な症状は、のどの痛みや微熱が出るなど。鼻水は少なく、人によっては関節が痛んだり、頭痛がするなどの症状も。子どもではのどの症状と発熱を伴う、手足口病やヘルパンギーナ、プール熱なども夏に流行することが多い。

なぜ夏に風邪をひくの?
「風邪はのどや鼻からひく」といわれるが、これは、のどや鼻の粘膜の抵抗力が弱っているときに風邪ウイルスが体内に侵入することを表している。粘膜はしっとりとぬれた状態で免疫物質を分泌し、ウイルスや細菌などの外敵から体をガードしているが、乾燥すると免疫物質の分泌が減ってしまい、免疫力がダウンしてしまう。冬は当然乾燥しているものだが、最近は夏でもエアコンや扇風機によって部分的に乾燥することがあり、やはり粘膜が乾いて免疫力が低下し、風邪のウイルスに負けてしまうというわけだ。
また、暑い時期は大量の発汗によって体内から水分が奪われがち。その分、粘膜の乾燥に拍車をかけてしまうことになる。
さらに、夏バテによる食欲不振や熱帯夜による寝不足、室温と外気の激しい温度差によって自律神経のバランスが崩れてしまうなど、夏ならではの免疫力低下の要因もある。 こうしたことを考えると、夏は冬と並んで風邪に気をつけたい季節といえるだろう。

生活習慣から風邪を予防しよう
本人が気づかないうちに感染してしまう風邪だが、生活習慣を見直すことで予防することもできる。

その1  エアコンの使い方
何よりも冷やし過ぎないことが肝心(仕事中の適温は28℃前後といわれている)。エアコンや扇風機の冷気を直接体に受けないようにしよう。また、暑さは動脈を冷やすほうが効果的だ。保冷剤などをやわらかいタオルなどで包んで、動脈のある脇の下や鼠径部を冷やすことで、ずいぶんと暑さをしのげる。寝苦しい夜などは、エアコンをつけっぱなしにするより、こうした方法で涼をとってみては!?
のどの粘膜を乾燥させないよう、室内の湿気を保つことも心がけて。

その2  風邪をよせつけない体力作り
食欲が低下しがちな季節だが、免疫細胞の材料となるたんぱく質を始め、粘膜を丈夫にするビタミンB2やB6など、栄養バランスのよい食事を摂るように心がけよう。 水分補給も忘れずに… といっても、冷たい飲み物をなるべく避け、温かい飲み物を飲むようにして、体温を保つことも大切だ。

その3  生活習慣
うがい夏に限ったことではないが、外出先から帰ったら、手洗い&うがいを必ず実行しよう。日焼けをすることも皮膚の免疫力の低下につながるといわれているので、要注意。また、体温調節機能を保つため、一日一回は汗をかきたいもの。運動する時間がないという人は、シャワーでなく、湯船につかることで汗をかくのもいいだろう。休み時だからといって遊び過ぎず、毎日の疲れを回復させる時間を確保することも大切だ。

もし風邪をひいた場合、一週間ほどの期間が過ぎれば症状は治まることが多いが、長引いたときには症状を軽く見ず、医師を受診したり十分に体を休めるようにしたい。

ココがポイント!夏に風邪をひかないためにはこう対応する
・ 外出先から帰ったら必ずうがいと手洗いの習慣づけを!
・ 栄養のバランス&水分補給を心がけて
・ エアコン以外の暑さしのぎを考えよう

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。