healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

夏の長距離ドライブ 意外な危険

「エコノミークラス症候群」は飛行機だけのものではない
長時間同じ姿勢でいると、血管が圧迫されて血栓ができやすくなる飛行機の座席から立ち上がったあとなどに、息苦しくなり倒れてしまう「エコノミークラス症候群」。エコノミークラスでのロングフライトを警戒する人はいるものの、危ないのは飛行機ばかりではない。実は長時間のドライブでも同じことが起こりうるのだ。

エコノミークラス症候群は長い間、同じ姿勢でいると起こりやすい。原因は、ふとももの付け根やひざ裏の静脈が圧迫されてできる血栓(深部静脈血栓)。立ち上がって歩き始めた瞬間、これが血液の流れにのって肺に送り込まれ、血管を詰まらせてしまうのだ。場合によっては、呼吸困難が起こり死に至ることもある。 正式名は「肺動脈血栓塞栓症」という。

長時間の飛行機での旅行はもちろん、オフィスワークやドライブでも発症することがある。実際、タクシードライバーが勤務中に発病し、死亡したケースも。渋滞などで長時間化しやすい夏のドライブ旅行では、とくに注意が必要だ。

エコノミークラス症候群を予防するには?
 とにかく水分補給
ドリンクは常備して血液がドロドロになると、血栓ができやすい。血液粘度を高めないよう、なるべく水分を補給しよう。目安は1時間にコップ1杯程度。

とはいえカフェイン入りの飲み物は利尿作用があるため、せっかく飲んでも、すぐ体外に排出されてしまう。お茶、コーヒーなどより、水やスポーツ飲料がオススメ
 足を動かして血液の循環を
30分に1回、足の運動をしよう。座ったまま足の指やかかと、つま先を動かすと滞っていた血行もよくなる。ふくらはぎを指圧してもよい。
 休憩をこまめに
最低でも2時間に1度は、車を降りて休憩しよう。深呼吸して、心身をリラックスさせることも大切だ。
 運転を交代しよう
家族や友達で運転できる人が同乗している場合は、ときどき交代するようにしよう。同乗者もぜひ協力して。
運転を交代しよう

もしも異変を感じたら…
膝裏やふとももが痛い、腫れていると感じたら、すぐに立ち上がらないこと。救急車か家族の運転する車ですぐに病院へ行こう。また、エコノミークラス症候群は、しばらくたって発症することも。旅行から数日経って息苦しさなどを感じたら、専門医を受診する必要がある。

長時間のドライブではこんなことにも注意を!
●高速道路の運転中に眠くなったら
高速道路では眠いからといって、路肩に停めて仮眠するわけにはいかない。どうしても眠くなったら、サービスエリアなど安全な場所に車を停め、ストレッチ体操をしたり、仮眠をとったりしよう。

●車を離れるときは
50℃以上で危険! 太陽にさらされた車内の温度は急上昇してしまう。ペットを置き去りにするのは、例えエアコンをつけていても熱中症になる恐れがあり、絶対にタブーだ!また、窓ガラスはサンシェードで覆うようにしよう。さらにライターは50℃以上の高温の場所、直射日光のもとでは爆発する危険性が。吸盤レンズのアクセサリーも太陽光を集めて発火しやすく、火事の原因になりかねないので要注意だ。

楽しいはずのドライブ旅行がとんだ災難にならないよう、くれぐれも注意して出かけよう!
更新日:2014年6月23日


みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。