healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
暑い夏こそ、食卓にスパイスを!

暑気払いには熱いカレーがぴったり!?
そろそろ梅雨も終わり、今度はむし暑い夏がやってくる。この時期、暑いからといってつい冷たいものばかり飲み食いし、夏バテしがちな人もいるのでは?こんなときは、インドやほかの暑い国を中心に愛されてきた、スパイスたっぷりのカレーはどうだろう。これらの国で常用されているスパイスこそ、実は夏の暑気払いにぴったりなのだ。

昔むかし、スパイスは薬だった
スパイスの香りをかぐお釈迦さまコショウやターメリック(ウコン)、カルダモンなど、カレーに使われる代表的なスパイスのルーツを辿れば、原産地はインドというものが多い。そんなスパイスの発見には、あのお釈迦様が関わっているという説がある。

昔むかし、お釈迦様が修行のため山ごもりしたとき、飢えをしのぐために食べた木の実、草の根、香草の葉。これらを、下山した先の村に不老長寿の薬として伝えたそうだ。ちなみに、この村の名前が「カレー」だったから、スパイスを使った料理をカレーと呼ぶようになったとか。

伝説は別として、インドで古くから伝わる「アーユルヴェーダ」という医学では、スパイスを薬として使ってきた。中国やエジプトでもスパイスは薬だったのだ。中国の「医食同源」という言葉はよく知られているが、日々の食事で疲労回復、病気治療、滋養強壮の効果を求める思想は、これらの国のスパイスを上手に使う食生活にも現れている。

スパイスの種類と効用
熱帯地方でスパイスを多用する辛い食べ物が好まれるのは、辛いものを食べると血流がよくなって、体温が上がり、発汗が促されるからだ。汗は、体内にたまった熱を皮膚から逃してくれるため、暑さをしのぐひとつの方法となり得るのだ。

では、どんなスパイスには他にどのような効用があるのだろうか?カレーに使われる代表的なスパイスを調べてみよう。
コショウ
【原産地 】 インド南西部
【使用部分】
【主な薬効】 健胃、防腐、食欲増進、発汗、消化促進

酸化を防止することから、中世ヨーロッパでは肉の保存に使われていた。発汗作用があるので、風邪のときは、スープにコショウを多めにふりかけて食べるとスッキリする。

カルダモン
【原産地】 スリランカ、インド南部
【使用部分】
【主な薬効】 健胃・整腸、口臭防止、精力増強

古代インドでは頭痛薬や脂肪を取る目的に使われた。アラブではカルダモン入りのコーヒーが、日中の暑気払いとして欠かせないものという。丸ごとかむと眠気覚ましにも効果あり。

ターメリック
【原産地】 熱帯アジア、インド南部
【使用部分】 根茎
【主な薬効】 鎮痛、健胃、肝臓病、糖尿病、息切れ

ターメリックとは、沖縄の健康食品として注目されているウコンのこと。カレーやたくあんの色づけに活躍。抗酸化作用や浄化作用などがあり、血液をきれいにする。脂肪の分解にも役立つ。

クミン
【原産地】 地中海沿岸、エジプト
【使用部分】
【主な薬効】 消化促進、下痢、腹痛、胃痛

独特の強い香りはまさにカレー。ゆえにカレーを構成する重要なスパイスの一つとなっている。個性が強いので、一度にたくさん使わないように注意が必要。食欲増進効果がある。

始めてみよう!スパイス的生活
表に挙げた以外にも、シナモンには発汗作用、クローブやオールスパイスは食欲増進など、ポピュラーなスパイスには、暑気払いや食欲不振の解消にはぴったりの効用がある。ただ、クセの強い味や香りがあるものも多いので、慣れていない人は、スパイス売り場に置いてある「ガラムマサラ」がオススメ。

これは、いろいろなスパイスをミックスしたもので、インドでは各家庭で異なるブレンドがあるという、いわばインド版「お袋の味」だ。1種類で使うより香りもマイルドになるので使いやすい。また、いくつものスパイスを組み合わせる相互作用で薬効が高まり、より強い効果が期待できる。これを家庭に常備しておき、いつものカレーにかけてもよいし、野菜炒めや肉を焼くときに振りかけてもよい。カレーが苦手な人でなければ、スパイシーな香りが食欲を増してくれること請け合いだ。

ガラムマサラ


みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。