healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

心と体に優しいナチュラル・クリーニング術


新しい季節に、新しいクリーニング法を
新しい季節に、新しいクリーニング法をナチュラル・クリーニングは、欧米などで受け継がれてきた昔ながらのクリーニング法。石けん(できれば純石けん)や重曹、クエン酸またはお酢などのナチュラルな素材を利用するクリーニング法だ。「エコ掃除」という呼び方をする場合もある。洗い物などが多く手あれで悩む人や、家族にアトピー性皮膚炎など肌のトラブルがあるという人には、オススメ。

イギリスでは、3月はスプリング・クリーニングの季節だとか。日本でも、春といえば進学、就職、転勤、引越しの多い季節。あなたも新しい季節の始まりに、今までのクリーニング法を見直してはいかが?

ナチュラル・クリーニングは汚れを中和する!?
石けんはともかく、「重曹で掃除?」と違和感を抱く人もいるはず。何しろ、重曹は食品。黒豆を煮るときやケーキの膨らし粉として活躍するものだ。また、クエン酸はペットボトルのお茶やジャムによく使われているもの。お酢は調味料で、どちらも食品保存に役立つ。食べられるものだから、無害であることは分かるにしても、なぜ掃除に役立つのだろう?

実はナチュラル・クリーニングは、昔は日本でも行われていたもの。そして、科学的な根拠もきちんとある。ナチュラル・クリーニングは、酸性の汚れはアルカリ性の材料で、アルカリ性の汚れは酸性で落とす、つまり汚れを中和するというわけだ。

重曹
重曹は炭酸水素ナトリウムとも呼ばれる天然のミネラルだ。水に溶かすと分解されて水と二酸化炭素の泡が出てくる。例えば鍋のこげつきに重曹をふりかけ、水をためておくと、この二酸化炭素の泡がコゲを浮かせて、汚れを落としやすくするのである。
また、酸性の汚れである油汚れやワインのシミ、あか汚れを中和して落とす。粒子が細かく、ソフトな研磨作用があるのでクレンザーとしても使える。腐敗臭などの脱臭効果も。

クエン酸
クエン酸はレモンや梅干のすっぱさの素。食中毒の原因となるサルモネラ菌の繁殖を抑える作用がある。この性質を利用して、雑菌が繁殖しやすいまな板など台所の周りに使うとよい。
酸性なので、水あかや石けんカスといったアルカリ性の汚れを中和する。アルカリ性のたばこのヤニ、魚の臭い、雑菌の繁殖による臭いの脱臭には、クエン酸を溶かした水をスプレーするとよい。レモンなどかんきつ類やお酢を使ってもOK。


やってみよう!ナチュラル・クリーニング

用意するもの

重曹: 振りかけ用の穴が開いた容器に入れると使いやすい
クエン酸: 水1カップに小さじ1を入れてよくかき混ぜて溶かし、スプレー容器に入れておく
石けん: 水に溶かしておくか、液体石けんを使う

重曹

換気扇・レンジフードのしつこい油汚れを落とそう!

1 カバーや羽根、フィルターなど外せるものは外してシンクに移す
2 石けん水をかけて汚れを浮き上がらせ、上から重曹を振りかける。汚れがべっとりついている場合は、スポンジに石けんをしみこませて重曹をかけ、こすり取っていくとよい
3 スポンジなど柔らかいもので汚れをこすり落とした後、ぼろ布で汚れを拭き取る
4 クエン酸水をスプレーし、きれいなぼろ布で拭いて仕上げる
換気扇もピカピカ


お風呂場の樹脂、タイルの床や壁の頑固な汚れを落とそう!

1 洗う部分全体に軽くシャワーをかけ、重曹を振りかける
2 バスブラシに石けん水を落とし、隅からこすっていく。タイルは石けんを使い過ぎると泡が落ちにくくなるので数滴、樹脂は10滴ぐらいが目安
3 樹脂は冷水バケツ4分の1にクエン酸カップ2分の1を溶かしてまわしかける。壁にはスプレーで。タイルは冷水シャワーだけでOK

浴槽は、重曹を振りかけ、石けん水を数滴つけたスポンジで汚れをこすり落とすのが基本。
肌にも優しい


手がきれいになったなど、喜びの声も
佐光紀子さん
佐光紀子さん
著書に『ナチュラル・クリーニング』(ブロンズ新社)、『ナチュラルに暮らす70の方法』(ブロンズ新社)などがある。
今回、お話をうかがったナチュラル・クリーニングにくわしい佐光紀子さんは、翻訳の仕事を通してナチュラル・クリーニングを知り、自ら実践しつつ著書やホームページを通して広めている。
というのも、佐光さん自身がゴム手袋に負けて湿疹ができてしまうなどの肌のトラブルから解放されたからだとか。自分が何を使っているのか分かる点も安心、ストレスも大幅に減って気持ちよい生活を送れているという。佐光さんの元には、ナチュラル・クリーニングに変えてよかったという喜びの声もたくさん届いている。

例えば、ペットが、洗剤を使って掃除をした床をなめたりすることが気になっていたという人が、ナチュラル・クリーニングで、意外に簡単に汚れが落ちるのでよかったといった話は多い。材料が分かっている安心感は大きいようだ。

とくに多いのは、手あれに悩まされていた人が、ナチュラル・クリーニングに変えてみたら、ひどかった手あれが軽減されたという話。石けんを使うなら、純石けんが望ましいが、とりあえず、家にある化粧石けんをスポンジにつけて使うなど、できるところから始めてみてはいかが?

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。