healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

呼吸法〜鼻とお腹で、ゆったり深〜く(4)

呼吸法にチャレンジ!
こうした呼吸の影響力に着目し、反対に意識して息を整えることで、心身の状態をコントロールする――これが呼吸法だ。人前で話すとき心を落ち着けるために深呼吸したりするのも、呼吸の力に着目した知恵といえる。ヨガや気功はその最たるものだろう。

それでは実際に、呼吸法をおこなってみよう。ここで紹介するのは、最も簡単な「腹式呼吸法」だ。深く、ゆったりと息をするためには、お腹で呼吸する「腹式呼吸」が一番。といっても、まさかお腹そのもので息はできない。下腹を膨らませたり引っ込ませたりすることで、腹圧により深さやリズムを整えるのである。

<腹式呼吸法>

1 仰向けに寝転ぶ
2 ゆっくりと口から息を吐く。体の中の空気をすべて外に出すつもりで、時間をかけて吐こう。このとき、お腹が徐々に引っ込むように気をつける。
3 鼻から深く息を吸う。舌を上あごにつけるようにするとよい。このとき、下腹が膨らむように気をつける
4 再び口から息を吐く。吸った時間よりも1.5倍から2倍かけるつもりで、長く、ゆっくりと
4 この動作・呼吸を繰り返す。息を吐く時間が吸う時間の4倍くらいの長さになるように頑張ろう!

画像:腹式呼吸法

ポイント1 「吸って吐く」のではなく、「吐いて吸う」という順序を心がける
ポイント2 お腹の上に本を乗せると、腹式呼吸のようすが目で確認しやすい
ポイント3 横になることができない場合は、椅子に腰掛けておこなってもよい。おへその下に両手をあてて下腹の動きを意識する


腹式呼吸は、できれば毎日の習慣にしたいもの。天気のよい日などは戸外でおこなってみるのもよいだろう。続けるうちにちょっとしたストレスや体の不調感とも、きっとサヨナラできるにちがいない。

PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。