healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
-
-
new オシッコが近くてツライ…これってもしかして病気?なおせるの?


意外にツライ!低血圧の悩み
低血圧をもっと知ろう

ツラさを理解されにくい「低血圧」

ツラさを理解されにくい「低血圧」

一般的に、「高血圧」はさまざまな病気を招く原因として危険視され、治療や予防に積極的に取り組まれている。一方、「低血圧」はというと、むしろ健康体として扱われている。もちろん、「低血圧」であることは何ら悪いことでも、重篤な病気を招くわけでもない。
しかし、低血圧によって、体がだるく、倦怠感が取れない、気力がわかない、食が細く十分な栄養が摂取できないなど、日常生活をおくる上では、それなりの悪影響があるのも事実だ。ところが、「私、低血圧なので、どうしても疲れが取れなくて…」と言うのに対し、「怠け者」扱いされてしまうこともしばしば。なかなかそのツラさが理解されないのも低血圧ならではのことだろう。

しかしながら、低血圧そのものは「血圧が低い健康な人」であり、病気ではない。上手に付きあっていけば、低血圧が原因で起こる不快な症状は軽減することができるのだ。
低血圧がどのようなものかきちんと理解し、少しでも日々、健やかに過ごせるようにしよう!

低血圧の診断基準は?

高血圧には世界的な判断基準があるのに、低血圧の判断基準は、それぞれの医師や研究者によって意見が違う。それは、高血圧は放置すると、脳血管障害や心臓病を起こすが、低血圧症は基本的には生命への影響が少ないため。どんなに血圧が低くても、めまいやだるさ等の症状が無ければ、低血圧と診断しないという医師もいるのだ。
一般的な低血圧の基準は、安静にして血圧を測ったときの最大(収縮期)血圧が100〜110mmHg以下の場合。最小(拡張期)血圧については、60mmHg以下とするものが多いが、高血圧と違って最小(拡張期)血圧についてはあまり重点が置かれていない。また、医師によっては最大(収縮期)血圧が85〜110mmHgである状態を低血圧と判断する場合もある。

低血圧でなくても気をつけたい!?低血圧の種類

●いわゆる低血圧は「本態性低血圧」

「本態性」とは原因が明らかでないということ。特別な原因がなく、血圧だけが常に低い状態が本態性低血圧。いわゆる「低血圧体質」だ。産まれつきのもので、遺伝性があると考えられている。

何らかの症状がある場合、めまい、立ちくらみ、頭痛、頭重感、耳鳴り、肩こり、不眠、倦怠感、疲れやすい、寝起きが悪い、動悸、便秘、食欲不振、下痢、胃もたれ、胸やけなどさまざまな不快症状を訴えることがある。

●血圧が低くなくても起こる「起立性低血圧」

血圧が低くなくても起こる「起立性低血圧」

横になった状態から急に立ち上がったり、長時間立ち続けているときに血圧が下がって立ちくらみやめまいなどを起こすもの。体位性低血圧とも言う。普段、血圧が低くない場合でも、起き上がったときに、最大血圧が20 mmHg以上下がるのが起立性低血圧の特徴。

血圧を調節する自律神経のはたらきがアンバランスになるために起こるとされている。起立性低血圧は、気を失いやすい他、暑さに弱い、下痢をしやすいなどの症状も。

●何らかの病気が原因で起こる「二次性低血圧」

低血圧を招く何らかの病気があるもの。原因がはっきりしているのが特徴。

血圧が低くなる病気は、循環器や内分泌の病気など、さまざま。急激に低血圧になるものと、慢性的に低血圧が続くものがある。

・ 急激に低血圧になるもの
  …心筋梗塞、うっ血性心不全など
  …急性出血、やけど、激しい下痢・嘔吐、腸閉塞、急性中毒など
・ 慢性低血圧になるもの
  …がん、慢性伝染病(肺結核など)、貧血、白血病、甲状腺機能低下、肝硬変など

●治療はできるの?

検査をして、低血圧以外に特別な異常がなければ、不快症状を取り除く治療をするだけで、そのほかの特別な治療は行われないケースが多い。それでも、不快症状に悩まされるときには血圧を上げる薬を使うこともあるが、必ずしも不快症状が改善されるとは限らない。
また、原因がはっきりとわかっている場合は、その原因を取り除く治療が行われる。

低血圧と貧血はどう違うの?

低血圧と貧血は、立ちくらみやめまいなどの症状が似ているので混同されがちだが、実は別のもの。
低血圧とは、血液循環が円滑に行われず、脳や体の末端への血流が悪くなった結果、めまいや立ちくらみを起こすものだ。
一方、貧血とは、ある一定量の血液中に含まれる赤血球、またはヘモグロビンが正常値以下(男性1dl中12g以下、女性10g以下)に減少した状態のこと。その原因は主に、鉄が不足したために、ヘモグロビンができず、赤血球が赤血球としての役割を果たせなくなった結果、めまいや立ちくらみを起こすものだ。

違いを調べるには血液検査をすれば一目瞭然。それぞれ対処法が違うので、もし、まぎらわしいと感じる症状があるのなら、血液検査を受けてみよう。



healthclick_jpをフォローしましょう


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
→低血圧のツラさは日常の工夫で解消
→貧血と低血圧はどう違う?
→家庭でできる血圧検査
→血圧検査の結果
→運動は血圧を正常にする?
→その他の体の悩みライブラリ
→夏バテライブラリ
→低血圧ライブラリ

! 今週のおすすめ
!
特集  特集バックナンバー
脱・「お腹」ポコッ!ダイエット特集
花粉症はほかの病気も引き起こす!?
! いいものみつけた
食べる量を減らすより燃やす力をUP
40代、若々しさを保ちたいなら…?
睡眠時間は毎日充分。でもなぜ眠い?
「ほら!アレ、アレだよ…」が始まったら
! healthクリックよりおしらせ
「骨粗しょう症治療」住所から検索できる!
いまや5〜6人に1人は帝王切開?
ひざが痛いのは年齢のせいじゃない!?
不安や憂うつの日々から抜け出したい
トイレが近いのは気のせいじゃない…
ひざに違和感、自覚症状をチェック!

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。

Copyright(c)2014 Healthclick Co.,Ltd. All rights reserved.