healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

どちらが先か!?集中力とやる気のホルモンTRH
集中力とやる気の関係

集中力とはパワーだ
スポーツに集中する人スポーツマンが驚異的な新記録を樹立し、一介のビジネスマンが誰もがサジを投げかけた難問を解決する。受験生がほぼ無理とされた難関校を突破…。普段のその人の能力では信じられないことを成し遂げてしまうパワー、そこに私たちは集中力のすごさを感じるのではないだろうか。

もっと身近な例でも、普通なら2〜3時間はかかる仕事なのに我知らず没頭して1時間ほどでできてしまったとか、普段はお掃除が嫌いなのに始めたら夢中になって家中ピカピカにしてしまったとか、誰もが体験したことがあるはず。集中力とは、まさにこのこと。一点集中で事にあたることによって、普段の能力以上の結果を引き出すパワーのことなのだ。

! なぜ普段以上の能力を引き出すことができるのか
自分でも周囲の人でもいい。集中している人を観察してみると、他の人に声をかけられたり、呼ばれたりしているにもかかわらず、まったく聞こえていないとしか見えないことがあるだろう。そう、実際に、ほとんど聞こえていないのだ。なぜなら集中しているとき、脳は他の感覚や機能を必要最低限に抑え込み、集中している対象への能力をフル稼働させているからだ。空腹すらも感じないこともある。こうした他の機能を抑え込んでまで一点集中することによって、結果として通常以上の能力が発揮されるのだ。

! マイナス要素としての集中力もある
集中力を発揮すれば、通常ではできないこともできる可能性が高くなる。だが、だからといって「集中力バンザイ」というわけにはいかない。集中力とは、ひとつのことに没頭することであって、対象となる物事を問わない。つまりマイナス思考へと集中してしまうこともあるのだ。例えば悩みや不安、怒りなどに多大なパワーを発揮する集中力を注いでしまえば、心身症にもなりかねない。
集中力も長所・短所を見極めて、スイッチをオン・オフできるようにしたいものだ。

やる気ホルモン「TRH」
さらに脳の中を見ていくと面白いものが見つかる。甲状腺刺激放出ホルモン=TRHだ。これは別名「やる気のホルモン」とも呼ばれるもので、分泌されると集中力を増し、次のやる気へとつなげていくはたらきがあるとされる。集中力とやる気ホルモンがあれば、どんなことも怖くない…と言いたいところだが、難点はTRHがとても感情的なホルモンだということだ。

ここでちょっと考えてみてほしい。今やろうとしていることが好きなこと・興味があることなら、やりはじめる前から「やる気」が満ちてくる。だが、あまり気乗りのしない仕事や勉強の場合は、はじめる前はやる気などまったく感じられないのが普通ではないだろうか。

そう、TRHが分泌されるのは、好きなこと・興味があることに対してか、実行することによって好ましい報酬(栄誉、お金、快感など)が得られることがわかっているときなのだ。あとは、ひとつのことを実行しはじめて集中力が高まっていかない限り、分泌されない。

つまり、TRHのサポートを受けるには、目の前にある実行しなければならないことを好きになってしまうか、それによって報酬を得られるようにするか、はたまた何も考えずにはじめてしまうかの3つにひとつの選択しかないのだ。

<<TRH(甲状腺刺激放出ホルモン)が分泌される仕組み>>
TRH(甲状腺刺激放出ホルモン)が分泌される仕組み


みなさんの感想

Loading...

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。