healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

年末リクエスト特集第1弾!「食材編」
ハーブ・ワイン・カフェイン

ハーブ

女性アイコン
「ハーブって本当に体に効くのでしょうか?」
ハーブのプロフィール
ハーブ ハーブは広辞苑では「薬草・香味料とする草の総称」と定義されており、一般的には薬効のある植物のことを指す。ハーブと人類の関わりは古く、たくさんの神話や伝説に出てくる様々な薬草や、聖書の創世記にある青草もハーブと考えられている。古代エジプト王朝のミイラにも防腐剤としてハーブが使用されていたという。また、ハーブの種類は数千とも言われる。もちろん、日本にも、日本独特のハーブが昔から存在している。さんしょう、しそ、ねぎ、みょうが、わさびなどだ。
欧米ではハーブは医薬品や栄養補助食品として分類され、効能の強さ(大きさ)のレベル表示などがされているが、日本の場合、ハーブサプリメントは「食品」として分類されている。正しい知識を持って使いたいもの。

ハーブの健康パワー リラックス効果 抗酸化作用 免疫力向上 など
ハーブにはたくさんの種類があるが、ここではメディカルハーブとして特に有名なものだけを紹介しよう。
さまざまな健康パワーをもつハーブだが、使用に当たっては注意も必要だ。まず、過剰な摂取はやめること。中には薬剤と併用すると、薬の作用を弱めてしまうものもある。病気などで薬を服用中の人は、医師に相談することをおすすめしたい。(購入の際には成分や注意表示があるかどうかチェックしよう。)

ハーブの種類と効能
イチョウ葉 イチョウ科 抗酸化作用、血流改善、精神安定などの作用がある
エキナセア キク科 風邪やインフルエンザなどに対して免疫力向上や免疫機能を活発化させるはたらきがある
ノコギリヤシ ヤシ科 前立腺の不調を緩和、抗炎症、利尿作用など
ローズヒップ バラ科 ビタミンCを多く含み、肌を若々しく保つ。ストレスを感じる時にも
セントジョンズウォート オトギリソウ科 ストレスを和らげ、気持ちをリラックスさせる
リコリス マメ科 咳やのどの痛みを和らげる
キャッツクロー アカネ科 リウマチ改善、抗アレルギー、抗炎症、免疫力向上などの作用がある

ワイン

女性アイコン
「ワインの健康効果について教えてください」
ワインのプロフィール
ワイン ワインとは、よく熟したぶどうから果汁を絞って発酵させたお酒のこと。その他の原料はもとより、水すら必要としない。赤、白、ロゼがあり、赤は酸味や渋味が強く、白やロゼは適度な酸味や甘味がある。

ワインの作り方
赤はぶどうの果皮が黒・赤色のぶどうを果汁、果皮、種子を使って発酵させたもの。白は果皮が白(緑)色のぶどうの果汁だけを使って発酵させたもの。ロゼは赤ワインを作る途中で果皮と種子を取り除いたもの。

ワインの健康パワー 抗酸化力 抗菌力
ワインの健康パワーのカギは何と言っても「ポリフェノール」。ポリフェノールとは植物が作る天然物質で、全部で10種類以上もある。ワインの原料・ぶどうの場合、その皮に赤い色素のアントシアニン類、リスベラトロール、種子にカテキン類やタンニンなどが含まれている。赤ワインはぶどうの皮や種子も一緒に醸造するため、大量のポリフェノールを含んでいるのだ。
ポリフェノールは抗酸化力が強く、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールの酸化を抑え、心臓病を防ぐと言われている。
ポリフェノール効果で赤ワインばかりがクローズアップされているが、白ワインには健康パワーは期待できないのだろうか?確かに白ワインは赤ワインに比べてポリフェノール類は少ないが、実は大腸菌やサルモネラ菌に対する抗菌力が強く、殺菌効果という赤ワインにはない健康パワーを持っている。また有機酸の含有量も赤ワインより多く、大腸の腸内細菌のバランスを整えるのに役立っているのだ。赤でも白でも!お好きな方を、「ほどほどに」召し上がれ。

カフェイン

女性アイコン
「カフェインって、体にいいの?悪いの?」
カフェインのプロフィール
カフェイン カフェインとは、植物の葉、幹、種などに含まれる成分のこと。無色の針状結晶で熱湯に溶けやすく、苦味がある。私たちの身近な飲み物では、コーヒー、紅茶、緑茶、ココア、栄養ドリンクなどに含まれているが、実は風邪薬をはじめいろいろな薬にも配合されているれっきとした医薬品でもある。

カフェインの健康パワー 脳への覚醒作用 利尿作用
カフェインは大脳皮質を刺激して感覚や思考を高め、眠気を覚ます効果があることが知られている。また、摂取後数時間は、腎臓を刺激し尿の排泄を促す作用も。よく「食後の1杯」としてコーヒーが出されるのは、コーヒーに含まれるカフェインが胃酸の分泌を促し、胃内での食物の消化を助けるためだ。
ただしカフェインを過剰に摂ると健康に害を及ぼしかねず、急性中毒症(神経過敏、興奮、睡眠障害、顔面紅潮、嘔吐などの胃腸症状など)を指摘する声もある。また、カフェインによる胃酸の分泌促進作用のため、胃酸過多の人が空腹時に摂取すると胃を荒らすこともある。 とはいえ、1日数杯程度ならもちろん大丈夫。上手に摂ってリフレッシュに役立てよう。

身近な飲み物のカフェイン含有量(可食部100g当たり)
玉露(抽出液) 0.16g
煎茶(抽出液) 0.02g
番茶(抽出液) 0.01g
ウーロン茶(抽出液) 0.02g
紅茶(抽出液) 0.03g
コーヒー(抽出液) 0.06g
出典:「2002新食品成分表FOODS」一橋出版


みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。