healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

その痔、大腸がんの疑いも!?

痔の3タイプ

痔の3タイプ

日本人にとって、痔はポピュラーな病気だと言えるだろう。自分が痔であることに気付いていない、潜在痔主も多いと考えられている。痔には、大きく分けて3つのタイプがある

痔核(イボ痔)
肛門の血行不良で、毛細血管の一部がこぶ状になったもの。ポタポタ、またはシャーッと出血する。
裂肛(キレ痔)
硬い便で肛門の粘膜が裂けて起こる。痛みと、トイレットペーパーにつく程度の出血がある。
痔ろう(アナ痔)
肛門の周りに激痛と発熱を伴うおできができる。治ったと思っても再発しやすい。

どうして痔になるの?

注意!痔と大腸がんの「よく似た症状」

血便や肛門からの出血があったときに「いつもの痔だろう」とたかをくくっていたら、実は大腸がんだったというケースもある。40歳以上で、血便や出血がたびたび起きるようなら、念のため大腸がんの可能性を疑っておいたほうがいいだろう。
痔と大腸がんは、血便や出血のほかにも「便秘になる」「便が細くなる」など、似た症状がある。市販の痔の薬を使っても症状が改善されない場合、早めに病院で診てもらおう。
なお、これらの症状は、以下の病気でもみられることがある。

大腸(直腸)ポリープ
直腸脱
大腸憩室(だいちょうけいしつ)症
肛門掻痒(こうもんそうよう)症
見張りイボ
尖圭(せんけい)コンジローム

実は多い!?女性の「痔主」

痔は男性に多い病気というイメージがあるが、意外にも女性の「痔主」も多いもの。女性特有の痔のリスクもあるので、普段から気をつけていよう。

便秘しやすい
便秘は痔の大敵。女性は男性に比べて便意を我慢しがちなので、便秘しやすい傾向がある。さらに生理前には女性ホルモン(黄体ホルモン)の影響で腸の蠕動(ぜんどう)運動が鈍くなり、便秘を起こしやすくなることもある。

冷え性になりやすい
薄着になる機会が多い、体の脂肪が厚くて一度冷えたら温まりにくいなどの理由により、女性は男性よりも冷え性になりやすい。体が冷えると肛門周りの血流が悪くなって、うっ血から痔を招いてしまう。

妊娠中、便が出にくい
妊娠中は女性ホルモン(黄体ホルモン)の影響で便秘がちになるとともに、大きくなった子宮が大腸を圧迫して便が出にくくなるため、痔になりやすい。

出産時のいきみが肛門に負担をかける
出産時にはかなりの力でいきむため、肛門に負担がかかり、イボ痔やキレ痔になることもある。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。