healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

まるごとスイカの知識
侮るなかれ。スイカの成分

平安時代にはもう食べていた!? スイカのルーツを探る
スイカ ウリ科スイカ属、学名「キトルルス・ラナツス」。リッパな名前だが、これが毎年夏になると真っ先に思い浮かぶ果物・スイカのこと。スイカは実に古い昔から世界で愛されている果物なのだ。
スイカの原産地は南アフリカ。ここで紀元前5000年頃には栽培がはじまり、エジプト、ギリシャへと広まったとされている。その証拠に、紀元前4000年代の古代エジプトの壁画にもスイカが登場している。

日本への到来も古く、なんと平安時代には栽培がはじまり、江戸時代に「果肉の赤さが気持ち悪い」といった理由から一時衰退したものの、今に至るまでずっと愛されている息の長い果物なのだ。

ただし、古代エジプトの頃や平安時代のスイカは、今の姿ではなかった。カタチもさまざまだったが、何といっても現在のような緑の地に黒い縞があるのではなく、全身真っ黒だったというのだから、江戸時代の人が気持ち悪く感じたのも少し納得できるところだろう。現在の姿カタチが定着したのは、明治に入って品種改良が進んでからというのだから、最近のことといえるかもしれない。

90%以上は水分だが…。スイカの栄養成分

スイカといえば水分。たっぷりの水分が夏の渇いたノドにうれしいおいしさだ。が、スイカの成分はもちろん、そればかりではない。下の表のように、ビタミン、ミネラルなどもバランスよく含まれているのだ。
スイカの成分
エネルギー 31kcal マグネシウム 9mg
水分 91g ビタミンA(カロチン) 380ug
たんぱく質 0.7g ビタミンA効力 210IU
糖質 7.9g ビタミンE効力 0.1mg
繊維 0.1g ビタミンB1 0.03mg
カルシウム 6mg ビタミンB2 0.03mg
0.2mg ナイアシン 0.2mg
カリウム 120mg ビタミンC 6mg
※可食部100g当たり
※2000年四訂食品成分表より


PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。