healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

暑い時期には酸が効く!〜梅干
梅干の酸っぱさは健康の源!

酸味の正体は「クエン酸」

暑くなると、さっぱりしたものが口にしたくなるもの。そんなときの、お助け食材のひとつが「梅干」だ。見ているだけで口の中が酸っぱくなってきて唾液が出てくる、そんな梅干には暑さを乗りきる健康パワーがある。

パワーの正体は「クエン酸」。クエン酸とは、酸っぱいものに含まれている有機酸類の一種で、グレープフルーツやレモン、酢などにも含まれている。このクエン酸が体内の代謝を円滑にするために働いているのだ!
《クエン酸のはたらきとは?》
クエン酸サイクル 食事からとった脂質やたんぱく質、炭水化物、糖質などの栄養素は、消化されてエネルギーとなる。このことを解明したのは、1953年にノーベル賞を授与されたイギリスの学者、クレブス博士の「クエン酸サイクル理論」だ。

ちょっと難しい話になるが、例えば糖質は分解されて、最終的には酸化して熱を作る過程に入る(右図参照)。この過程を「クエン酸サイクル」と呼ぶ。つまり、クエン酸サイクルで熱(エネルギー)が作り出されているのだ。
食べものから取り込まれた糖質はすべてグルコースに変換され、グリコーゲンとなり、肝臓などに蓄積されるがそのとき使われなかった余分なグルコースはそれぞれの細胞に送られ、細胞内で代謝されてピルビン酸になる。

ピルビン酸はさらにアセチルCoAという物質になり、クエン酸サイクルへと進むのだ。
吸収された糖質がクエン酸サイクルに入ってしまえばすべてエネルギーに代わり、脂肪合成されることはないので体脂肪はたまらない、ということになる。

クエン酸が不足するとどうなる?

「クエン酸サイクル」で、クエン酸が不足するとどうなるのだろうか?
普通なら、ピルビン酸からアセチルCoAへと段階を進むはずだが、クエン酸が不足することでクエン酸サイクルが活発にはたらかなくなり、ピルビン酸がクエン酸サイクルに入ることができず、疲労物質である乳酸へと変化してしまう。そこで疲れを感じるようになるのだ。
また、アセチルCoAもクエン酸サイクルに入ることができず、脂肪酸へと変化してしまう。その結果、体脂肪がたまってしまうことになる。

つまり、クエン酸不足は疲労や体脂肪増加を招いてしまうのだ!
これが、「酸っぱいものを食べると健康になる!」と言われる所以である。

梅干こぼれ話

さて、不足すると疲労や体脂肪の蓄積を招いてしまうクエン酸。そうならないためにもクエン酸を多く含んだ食品を食べるべし!
そこで今回は、クエン酸を多く含む「梅干」にクローズアップ!
まずは、梅干にまつわるちょっとした話をここでご披露!

梅干はいつから日本にある?
中国から遣隋使が持ちかえった 梅が伝わったのは大和朝廷のころ。中国から渡来したと言われている。遣隋使によって持ち込まれた梅の木は長い年月をかけて日本の風土に合うようになっていった。梅の実を梅干に加工する方法を誰が考案したかははっきりしていないが、平安時代に書かれた書物に梅干のことが書かれていたり、臨済宗・栄西によって作られた、という説もあることから、平安時代から鎌倉時代にかけて考案されたと言われている。

梅は中国のものであっても、シソと一緒に梅干を漬ける、という発想は日本人が考えたとか。そうすると、「梅干」は日本で生まれ育った食べものということになるのだ!

「梅干が腐るとその家に不幸が起きる」ってホント?
薬になっていた梅干 梅干には食中毒を防止したり、コレラや腸チフスなどの伝染病の予防や治療に効果を発揮するとして、江戸時代頃に薬として重宝がられた。
もし、梅干がなかったら…?と不安に思った当時の人々は、「梅干は切らしてはいけない、腐らせてはいけない」と言い、それが「梅干が腐るとその家に不幸が起きる」ということわざになったのだ。

「ウナギと梅干」の食い合わせってダメ?
よく言われる食い合わせの中でも、「ウナギと梅干」はダメ、という話は超有名。でも、医学的な根拠はまったくない。江戸時代に、夏の土用の丑の日に「『う』のつくものを食べると夏負けしない」と言われて平賀源内が土用の丑の日にウナギを食べる習慣をはじめたと言われているが、同じ「う」のつく梅干も、夏バテ防止食品としてはもってこい。
夏を乗り切るために、梅干も食べよう!


みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。