healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

年末年始の肥満にご用心!
肥満がイケナイ理由を改めて知ろう

肥満は万病のもと
「若いころに比べて、太りやすくなった」「食べる量が変わらないのになぜか最近太る」などと、感じてはいないだろうか。
「肥満は万病のもと」とも言えるほど、「太っている」ことは体によくない。「今更言わなくても…」と思うかもしれないが、肥満がどれだけ命を縮めているか知って欲しい。

明治生命保険相互会社の調査によれば、1972(昭和47年)〜1982年の間に保険契約した15〜69歳の372万人のうち、死亡者2万8600人の性、年齢、肥満度別に標準死亡率を分析したところ、肥満が短命につながっていることが明らかになった。
肥満は確実に健康を害しているのだ。
死亡率のグラフ

「内臓脂肪型肥満」はなかなかやっかい

肥満といっても、生活習慣病などに進行してしまう恐れがあると言われるのは、「内臓脂肪型肥満」。
皮下に蓄えられる皮下脂肪型とは違い、内臓のまわりに脂肪がつくタイプ。皮下脂肪が長期的にエネルギーをため込む脂肪で、飢餓や寒さや衝撃に備えるはたらきがあるのに対し、内臓脂肪はエネルギーを一時的に蓄え、必要な時にすぐ取り出して使える脂肪だ。

内臓脂肪型肥満がやっかいなのは、見た目では分からないこと。見た目に太っていなくても内蔵に脂肪がついていることはある。それが「体脂肪率」という数値で出るものだ。
体脂肪率の正常範囲は、成人男性なら15〜20%、女性なら20〜25%程度
体脂肪率の判定の目安 メモ
  標準範囲(%) 肥満傾向(%) 肥満(%)
男性(30歳未満) 14〜20 21〜29 30以上
男性(30歳以上) 17〜23 24〜29 30以上
女性(30歳未満) 17〜24 25〜34 35以上
女性(30歳以上) 20〜27 28〜34 35以上

隠れ肥満」は気がつかないうちに進行し、糖尿病や高血圧などの生活習慣病になる恐れがある。今は家庭用の簡易体脂肪計があり、体重と同時に体脂肪率が測れるようになっているので、自分の体脂肪率をきちんと把握しておきたい。

年末年始の生活、ご用心!

「年末年始に実家に帰ったり旅行に行ったりして、帰ってきたら太っていた…」という経験はないだろうか。年末年始といえば、なにかと食べたり飲んだりする機会が多く、しかものんびりしてじっとしがち。でも、この油断が体脂肪率をアップさせてしまうのだ。
こんな生活が肥満を招く。とくに、年末年始は注意したい!
<CHECK!>
チェック1脂っぽい食事や、濃い目の味付けのものを好んで食べる
チェック2空腹でないのに目の前に食べ物があるとつい口に入れてしまう
チェック3お酒を飲んでいると、つまみを食べる程度で食事を終えることがある
チェック4食べるのが早く、あまり噛んでいない
チェック5スナック菓子が好きで、口寂しい時にはつい食べてしまう
チェック6お腹が空いていると眠れないので、ついつまみ食いをしてしまう
チェック71日でトータルしても、多分1時間も歩いていないと思う
チェック8休みの日は家でごろごろしていることが多い

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。