healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

ど忘れは脳の危険信号!?
どうして忘れるの?

ど忘れとは?

ど忘れとは、辞書によれば「当然知っているはずの事なのに、どうかした拍子に思い出せなくなる」こと。つまり、脳の記憶にエラーが起こった、ということだ。
誰にでも、「えーっと、あれなんだっけ…」という経験はあるはず。それがたまになら誰も気にしないが、あまりに続くと「最近、物忘れが激しい」となり、「どこか悪いんじゃないか」と気になってくる。本人は、「忘れるはずじゃない」と思っていた事なだけに、「ど忘れ」するとショックを受けてしまうのだ。

あなたは、こんな経験がないだろうか?

(1) 以前にも話したことを同じ人に話した時
A:言われれば、前にも話した事を思い出す(「そう言えば、前にも話したっけ…」
B:言われても、覚えていない(「えっ?もう話したっけ?」

(2) 約束していたのを忘れてしまった時
A:約束は覚えていたけど、その時は忘れてしまった(「あーっ、約束してたんだった…」
B:約束したこと自体覚えていない(「そんな約束したっけ?」

(3) 何かやろうとしたことを忘れてしまった時
A:よく考えてみれば、思い出す(「あれをするんだった!」
B:まったく忘れて他の事をしてしまう(「何かしようとしてたかしら?」

こんな場面で、Aのような回答なら、そう心配はない。でも、もしBのような事がアナタに起こっているなら、それは注意が必要など忘れなのだ。

記憶のメカニズム
大脳の断面図
さて、人はどのように物事を記憶しているのだろうか。
人の記憶にとって大切なのは、五感。これが、脳への情報の入り口になっているからだ。
五感とは、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚のこと。そのなかでも、視覚、聴覚からの情報は膨大であり、それを処理する脳の部分も容積的に大きな量を持っている。

記憶には、「感覚記憶」「短期記憶」「長期記憶」の三種類ある。
記憶のメカニズム
「感覚記憶」 脳の感覚中枢(視覚中枢や聴覚中枢、体性感覚中枢など)が正常にはたらき、外部からの情報を処理したときに得られる記憶。年齢が高くなると、視覚、聴覚の反応が鈍るため脳が得られる情報が減り、脳も鈍くなった、と言われる
「短期記憶」 短期的な記憶。昨日言われた事を覚えている、など。脳の海馬という場所に短期記憶の中枢がある。これ(海馬を含む側頭葉)がダメージを受けると、外から来た新しい情報が処理されないため、繰り返し同じ事を言ったり、すぐ前の事を記憶できなかったりする。が、ほかの部分がダメージを受けていなければ、長期的な記憶は残っている
「長期記憶」 長期的な記憶。つまり、昔から長く残っている記憶のこと。ただし、短期記憶を繰り返し、繰り返し貯蔵することで、長期記憶になる

この3つには関係がある。外部からの情報をまず、感覚中枢がキャッチし、感覚記憶となってとらえられ、それが短期記憶になる。これを繰り返すことで長期記憶になる、と言うワケだ。
記憶

なぜ、忘れるのか?

脳に入ってくる情報には、大きく分けて2種類ある。
ひとつは、能動的な情報。自分が見たい、聞きたいと思って、積極的に受信しようとするものだ。もうひとつは受動的な情報。例えば、学校の授業など、それほど興味がない(?)ものがそうかもしれない。
このうち、受動的な情報は、あまり覚えていない。興味のない事は、いくら耳で聞いて目で見ても、なかなか記憶としては残らないのだ。さらに、覚えているためには、「努力」が必要である。どんなに関心がある事でも、努力しなければずっと覚えていることはできない。

つまり、「感覚記憶」を「短期記憶」にするためには、まず五感を有効にはたらかせ、情報に対し能動的である必要があり、さらに「短期記憶」を「長期記憶」にするためには、繰り返し行動することが必要なのである。


みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。