healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
入浴でこころもカラダもリラックス!
もっと入浴を楽しむために

お湯の温度を目的にあわせて選ぶ

ぬるめのお湯にゆっくり入る。それもリラックスするのにはいいが、目的によっては熱いお湯に入ったほうがいいこともある。目的に合わせた入浴方法を選ぼう。

ぬるめの湯にゆっくりと入る ・・・ストレスの解消、リラックス、肩こりの解消、寝つきがよくなる、二日酔いの解消

熱い湯にさっと入る ・・・目覚めをよくする、腰痛、生理痛、胃酸過多、気分を高める、冷え症の解消


全身浴と部分浴

肩までつかって入ったり、足だけ入る、など入浴の方法もさまざま。日本人は肩まで入る 全身浴 が多いが、時と場合にあわせて 部分浴 を取り入れるとなお健康になれる。
半身浴 ・・・ご存知のとおり、ぬるめの湯に体の半分だけつけてゆっくりと入る方法。全身浴に比べて心臓への負担が少なく、長く入ることで新陳代謝を促し、血行をよくする。冷え症解消にピッタリ。もし、寒いと感じるなら、肩にタオルをかけて。 半身浴
座浴 ・・・おしりだけ入浴する方法。あまりなじみはないかもしれないが、月経不順、便秘、膀胱炎、痔疾などに効果的。バスタブに20cmくらいお湯をため、5〜10分温まる。大きめの洗面器でもOK。
足浴 ・・・足がむくんだとき、立ち仕事で足がだるいときなどに効果的。また、冷え症の人は足先の血液の循環がよくなる。洗面器にお湯を入れて10〜15分ほどつける。イスに座って行うとラク。 足浴
手浴 ・・・手や腕、肩などが疲れたり凝ってしまったときにオススメ。熱めのお湯を洗面器に入れ、5〜10分手首の上までつける。お湯の中で手をマッサージしたり、手のツボを押すと気持ちがいい。
顔浴 ・・・メイクをしている場合にはメイクを落とす。洗面器に沸かしたお湯を入れ、その上に顔を近づける(顔に湯気を当てるように)。大きめのタオルを頭からかぶり、洗面器と一緒に覆って湯気が逃げないようにするとほどよい加湿器がわりになり、顔の毛穴が開いて肌に潤いを与える。このあと、ぬるま湯で洗顔し、最後に冷たい水で洗うと毛穴がしまってくる。ただし、くれぐれもやけどにはご注意を! 顔浴

普通のお風呂に飽きたなら?

いつも同じお風呂や入浴剤ではちょっとつまらない、という方は、こんなお風呂を楽しんでみてはいかが?普段とちがってリラックスした気分になれること、まちがいなし!
季節を楽しんで
柚子湯・・・ 冬至。ゆずを3〜4個ガーゼの袋に入れてお湯につけるか、そのまま入れる
松葉湯 ・・・ 新年の初湯に。松ヤニをよく洗って落とし、そのままか布袋にいれて浮かべる
菖蒲湯・・・ 端午の節句。菖蒲には身にまとわりつく悪霊を除き、邪気を払って健康な体を維持する効果がある
桃の葉湯 ・・・ 土用の丑の日に。桃の生葉を30〜40枚布袋に詰め、鍋に入れて水から15〜20分煮出す。煮汁を袋と一緒に浴槽へ。あせもや湿疹をやわらげる

季節のお風呂

香りを楽しんで
ハチミツ・・・ 肌をしっとりさせる効果あり。大さじ1杯くらいの量をお風呂によく溶かして入れる
ぬか ・・・ ぬかは江戸時代に女性が入浴剤として使っていたとか。小袋に入れてバスタブに浮かべてもよし
ビネガー・・・ 酸性の液は石鹸などでアルカリ性になった肌をやさしく戻してくれるのに効果的。レモン汁やアップルビネガーなどがニオイもよくオススメ
牛乳 ・・・ 入浴剤でもミルクバスとして売られているが、生の牛乳をいれても肌の乾燥を防ぎ、すべすべにる。生クリームでもOK

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。