healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
若い人ほどご用心!?”朝に弱い”を克服する!(2)
"朝に強くなる"克服方法

どうすれば、"朝型人間"になれる?

「明日の朝こそ早起きするぞ!」と気合を入れて寝ても、いざ朝がくると「まだ眠た〜い」「あと5分だけ・・・」とついついズルズルしてしまう。じゃあ、どうすればいいの!?

その1 「起きる時間」より「寝る時間」にこだわる

おやすみなさい 朝、起きるのが苦手という人は、朝起きる時間を気にする。しかし、実際には起きる時間より寝る時間のほうが重要だ。

でも、睡眠時間が少なければ、朝起きるのが苦手になって当たり前。まずは、「朝6時に起きるぞ!」ではなく、「夜11時までには寝るぞ!」と就寝時間の目標を立てよう。夜、早く寝るようになれば、だんだん朝起きるのが辛くなくなっていくハズ。

その2 「入眠儀式」を大切に

寝る前には、できるだけ頭を空っぽにし、リラックスするといい。といっても急にできない人は、「入眠儀式」を行ってみよう。
例えば、夜寝る前にはみがきをする、トイレに行く、本を読む、お香をたく、などなんでもいいのだが、毎日寝る前にそれを行う。すると、「これから眠るんだな」と自分で思うことができ、眠りにつきやすくなる。

その3 寝る環境を整える
寝る環境 寝室があるならその部屋を寝る環境に整えることはできるが、日本の住宅事情では、必ずしも寝室があるとは限らない。いくら寝ようと思っても、まわりで家族がにぎやかにしていたり、電気が煌々とついていればなかなか寝られないものだ。
しかし、寝る環境を整えるのはとても大切なこと。たとえ寝室でなくても布団のまわりは照明は間接照明にして、テレビなどは消し静かにするなど、そこが寝室だと思えるような環境を整えよう。

その4 休日の睡眠に問題アリ!?

普段、朝起きるのがツライと感じている人は、休日になるとゆっくり昼頃まで寝ている、なんてことはないだろうか。じつは、これが"朝に弱い"の原因!?になっているのだ。
せっかく平日にがんばって朝早く起きたとしても、休日にリズムを狂わせてしまっては、また朝起きるのが辛くなってしまう。
休日にゆっくり寝ていたい気持ちはヤマヤマだが、睡眠時間がたくさん欲しいときは、夜早く寝るようにし、朝はいつもと同じように起きるようにしよう。これは難しいけど、ぜひトライ!して欲しい。


二度寝はいい?悪い?

二度寝 「あと5分だけ・・・」と鳴った目覚まし時計を止めて、再び寝てしまうこともしばしばある。
朝の5分、10分余分に寝るだけで、ほんとうに疲れが取れるのかというと、実はそうでもないようだ。
眠りというのは、前述の通りノンレム睡眠とレム睡眠を約90分のサイクルで繰り返している。一度目が覚めたら、このサイクルはいったんリセットされ、また最初の浅い眠りからスタートするのだ。
浅い眠りをいくら重ねても、いつまでも頭はスッキリとせず、かえって目覚めを悪くするだけ。
朝、パッと起きるのは本当にツライけど、慣れてしまえば大丈夫。それまでは気力でカバーして辛さを振り切って!

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。