healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

ジメジメ梅雨の時期はダニが繁殖!

ダニはアレルギーのもと!

ダニは、カビとともに、アレルゲン(アレルギー症を発症させる原因となるもの)になり得るものです。 ダニそのものだけでなく、ダニの糞や死骸などは、アレルギー性鼻炎やぜんそくの原因に、またツメダニと呼ばれる刺咬性のあるダニが刺したときの分泌物(唾液)は、アレルギー性皮膚炎を発症させるもととなります。
特に、アレルギー性ぜんそくは、80%以上ダニが原因であるといわれています。
小さい子がいる家庭や、アレルギー症の人には、ダニは天敵なのです。

ダニってどんな生き物?

クモ・ダニ

さて、ダニとはどんな生き物なのでしょうか?
生物学的分類では、クモの親戚です。ただし、クモや昆虫は、頭、胸、腹が分かれている(クモの頭と胸は一緒)のに対し、ダニは部位ごとに分かれておらず、ひとつしかありません。

ダニの体長は100〜1000マイクロメートル(1マイクロメートルは1000分の1ミリ)、幅50〜200マイクロメートルです。人間の肉眼で見える大きさは100マイクロメートルまでだといわれているため、家の中にダニがいても、見つけることはほとんどできません。

ダニは次のような条件で繁殖します。

ダニの繁殖条件

(1)温度…20〜30度
(2)湿度…60%以上
(3)栄養源…カビ、他のダニ、人のフケ、食べ物など
(4)繁殖期…6〜10月。6〜7月に増殖が始まり、8月にピークを迎える

30匹が1万匹に!

ケナガコナダニを夏と同じ条件(温度25℃、湿度75%)で水やエサを十分に与えたところ、30匹が10週間で1万匹に増えたという実験結果があります。おもしろいことに、冬を想定した温度・湿度では、いくらエサや水分があっても、30匹が10週間後には半減してしまったそうです。

ダニの種類によっては条件さえそろえば、2週間ほどで卵から成虫に育つといわれています。
やはり、夏は爆発的にダニが増える時期なのです。

家屋の代表的なダニたち

ダニの種類は50万種類以上。そのうち、家屋で検出されるものは100種類ほど。それには、次のようなものがあります。

知ってる?ダニのいろいろ

チリダニ科
チリダニ科
家屋に生息するダニの中で、圧倒的に多いのがこのチリダニ(科)。中でも、コナヒョウヒダニとヤケヒョウヒダニが多い。チリダニは人のフケやアカ、食品クズを栄養源とする。畳やじゅうたんなどの床表面近くやベッド、布団などの寝具にいる
イエササラダニ科 カビを主食とするダニ。カビの生える場所、とくに畳やござなど、ワラやイグサで作られた畳床で繁殖する。梅雨どきから夏に大量発生する
ツメダニ科 人を刺したりかんだりするダニ。ミナミツメダニやクワガタツメダニなどが、これに分類される。人を刺したときに、代わりに唾液腺の分泌物質を注入する。それがアレルゲンとなる。刺されるとかゆさが1週間ほど続き、皮膚が赤くもりあがる
コナダニ科 ケナガコナダニもカビを食べて繁殖する。スナック類を床に寝転んで食べたり、食べ物を床に放置しておくと、食品とともに体内に入り、アレルギーの原因になりやすい
ニクダニ科 イエニクダニ、チリニクダニ、サヤアシニクダニなど。家屋から検出される。とくに、魚介類の乾燥物や干物を好む傾向がある。比較的低温(15度くらい)を好み、繁殖するため、11月〜3月に現れることがある

更新日:2015年7月21日

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。