healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

健康アップ!毎日ヨーグルトのススメ
毎日おいしく食べよう!ヨーグルト

ヨーグルトを選ぶなら

たまに、ではなく毎日食べてこそパワーを発揮するヨーグルト。いわゆる一般的な「ヨーグルト」だけでなく、ドリンクヨーグルトやフローズンヨーグルトなどタイプもさまざまだ。それだけに頻繁に食べるのなら、どれを食べたらいいのだろう?と迷うことも多いはず。
そこで、ちょっと選ぶ時の基準をご紹介。

  
トクホマークをご存知?

healthクリックでもオススメしている「特定保健用食品(トクホ)」マークのある食品だ。これは、「身体の調子を整える」はたらきを強化した食品として、効果が実証され、パッケージ等への表示を厚生労働省に認可されている。右のようなマークがついているヨーグルトを選べば、まず間違いナシ!

また、とくに「肌荒れに悩んでいる」「便秘を解消したい」などの症状がある場合には、成分表示をチェックしよう!

詳しいチェックの方法はこちら「ヨーグルト選びは成分表示で
トクホマーク

手作りヨーグルトに挑戦!

毎日食べるなら、自分でヨーグルトを作ってみるのはどうだろう?とはいっても、それほど難しくはない。普通の牛乳と、乳酸菌の入ったプレーンヨーグルトがあれば簡単にできるので、ぜひお試しあれ。
自家製ヨーグルトの作り方
(用意するもの)
牛乳1リットル、市販のプレーンヨーグルト100g

(作り方)
Step1 牛乳を80〜85度に温めて30分間加熱して殺菌し、その後40〜50度に冷ます。
Step2 プレーンヨーグルトを入れてよくかき混ぜる。5〜10時間保温してできあがり。また、冷蔵庫で2〜3日熟成させたほうがまろやかになる。

(ポイント)
ポイント1 乳酸菌のはたらきをよくするため、使用する器具(ボウル、なべ、スプーン、泡だて器など)はすべて煮沸殺菌して、余分な雑菌をなくすこと。
ポイント2 市販のプレーンヨーグルトは、日にちがたつほど乳酸菌が減ってしまうので、新しいものを使用すること。
ポイント3 保温の仕方は、夏なら熱湯を入れて温めておいたポットに入れ、冬ならこたつなどに入れるのがいい。37〜38度で保温する。
ポイント4 甘くしたいときには、砂糖やはちみつなどを加え、固くしたいときには少量のスキムミルクを加えるとよい。

ひんやりヨーグルトメニュー

ヨーグルトといえば、そのまま食べたりバナナにかけて食べたりするのが定番。でも、いつもとは違うヨーグルトを楽しみたいなら、こんなレシピはいかが?冷たくてこれからの季節にピッタリ!

ヨーグルトドリンク ヨーグルトドリンク
梅酒1/2カップとドリンクヨーグルト2カップを合わせる。たっぷり氷がはいったグラスに注げば、冷たくておいしい健康ドリンクのできあがり!

フローズンヨーグルト
プレーンヨーグルト2カップに砂糖を大さじ2杯入れ、よくまぜて製氷皿に入れて冷凍する。表面が少し固まったら、イチゴジャムをのせ、再度冷凍する。ジャムは好みのものでOK。


みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。