healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

尿であなたの健康状態をチェック!
尿は体のバロメーター

尿は健康を表わす大切な指標
トイレへ 普段、何気なくしているオシッコは健康状態を確かめる大切な指標だ。1日に約1500ミリリットル前後の尿を排泄するが、体の調子が悪ければ、尿にもその異常が表れる。例えば、血が混じったり、ニオイがいつもと違ったり、オシッコをするときに痛みを伴うなど、さまざまな症状がある。そして、それを自覚できるところが尿のいいところだ。
尿に異常があっても、なかなか人には相談しにくいかもしれない。でも、体のSOSを見逃さないために、尿のことをよく知ってみよう!

オシッコはどうやってつくられる?
人は体の中の不用物や老廃物を便や尿などとして体外に排出している。便が食べ物のカスなどであるのに対し、尿は全身の不用物や老廃物を血液が運んできてくれた液にあたる。つまり、体の汚れを落とした廃液というワケだ。
「血液が尿!?」とちょっと驚いたかもしれないが、血液から尿ができるまでのプロセスを取りまとめている器官が腎臓である。

腎臓にはネフロンと呼ばれる尿をつくるための基本単位がある。片方の腎臓には約100万個のネフロンがつまっている。血液がこのネフロンを通るとき、最初のステップでろ過されて原尿になる。その量は1日約150〜180リットル。それがさらに尿細管などを流れる間に再吸収されて、最終的に原尿の約1%の1.5〜1.8リットルが尿となって排泄されるのだ。
男女の尿道 腎臓は1分間に平均1ccの尿をつくりだす。つくられた尿はいったん膀胱にためられる。膀胱は、伸び縮みする袋で、普通は300〜500ccの尿がためられるが、150〜200ccたまると「尿がたまったな」という感じがしはじめる。
個人差はあるものの、300ccくらいで「オシッコしよう!」と思い、400ccくらいで必死にトイレを探すようになるのだ。

腎臓から膀胱までの構造は、男女ともにほとんど同じであるが、尿道の構造は大きく違い、男性の尿道が20cm前後あるのに対し、女性は4cm程度。そのため、かかる病気は異なってくる。簡単に言えば、男性は尿道やそれを取り巻く前立腺などがあるため、閉塞性の疾患が多く、女性は尿道が短く汚染されやすいので、尿路感染症が多くなる

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。