healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

ビタミンについて考えてみよう〜上手にとるコツ
こんなタイプにはこのビタミン!

こんな症状にオススメ!ビタミン
お酒を飲む、たばこを吸う・・・、そんな人が不足しがちなビタミンがある。体調不良になる前に摂取したほうがいいオススメビタミンをご紹介しよう。

タバコを吸うあなたは・・・
不対電子 ズバリ、ビタミンC

たばこの煙はフリーラジカルを発生させる。フリーラジカルとは、不対電子をもつ原子のこと。電子の数が奇数である不対電子のままでは安定しないため、電子を他の物質から奪って偶数になろうとすることを「酸化」というが、酸化は人の身体をむしばむ行為なのである。
このようなフリーラジカルのはたらきを阻止するのが抗酸化ビタミン(ビタミンA、C、E)なのである。特に、ビタミンCは、非喫煙者より喫煙者のほうがより多く体内で消費され、抗酸化ビタミンとして効力を発揮している。
ただし、ビタミンCを摂取しているからといって、たばこの害がなくなるわけではないので、ご用心。

お酒が好きなあなた・疲れがなかなかとれないあなたには・・・
B1を摂取 ビタミンB1を摂取

お酒を飲むと、そのアルコールは腸管から吸収され、血液中に入って肝臓へ運ばれる。その大半は肝臓で分解されるのだが、そのアルコールをアセトアルデヒドに分解するときに必要なのがビタミンB1 だ。お酒の量が増えれば増えるほどビタミンB1は必要になるが、お酒を飲む人はたいてい食事をあまりしないため、ビタミン不足を招きやすい。お酒を飲む時にはビタミンB1をとるように心がけよう。
また、ビタミンCにもアセトアルデヒドの分解を促進するはたらきがあるため、お酒を飲む前にビタミンCをたっぷりとっておくと二日酔いが予防できる。

さらに、ビタミンB1はビタミンの中でも疲労を回復すると言われている。
肉体的な疲労は、体内に疲労物質が蓄積されることによって起こる。とくに、ビタミンB1が欠乏すると糖質を分解することができず、乳酸やケトン体などの疲労物質がたまり疲れやすくなる。特に、筋肉はブドウ糖からグリコーゲン合成酵素によってつくられるグリコーゲンをエネルギー源としているため、そのとき必要なビタミンB1が不足していると肉体疲労になってしまうのだ。
ビタミンCにも疲労物質である乳酸を分解するはたらきがあるため、同時にとることをオススメする。
ただ、他にも疲労を回復するビタミンはあるので、疲れを感じたらまずは総合ビタミン製品をとるのがいいかも。

目が疲れやすいあなたには・・・
ビタミンAが効く

ビタミンAは「目のビタミン」と言われるほど、目と関係が深いビタミンだ。パソコンなどに長時間向かう人は、疲れ目やドライアイになりやすく、そのまま酷使しつづけると頭痛、肩こり、吐気などのほかの症状も出てくる。
ビタミンAは目の角膜や粘膜が乾燥するのを防ぎ、眼精疲労にも効果を発揮するため、レバーなどをとるようにするといい。
また、ビタミンB2とCには、目の老化を促進する水晶体の酸化を防ぐはたらきがあり、疲れ目に効く。


みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。