healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

”ゴマ”はなぜ身体にいいの?
酒飲み・女性に嬉しいゴマの威力!

コレステロール値を下げる!?
ラットを使った動物実験では、ゴマリグナンの一種セサミンには、血液中のコレステロールの上昇をおさえるはたらきがあることがわかっている。ラットを、

高コレステロール食を与えたグループ
高コレステロールとセサミンを与えたグループ
高コレステロールとセサミンとトコフェロール(ゴマに含まれるビタミンEの一種)を与えたグループ

に分けて実験したところ、セサミンやトコフェロールを加えて与えたラットは、与えていないラットより明らかに総コレステロールの上昇がおさえられていたのだ。しかも、善玉コレステロールは増えていた。
セサミンには、コレステロールの吸収を妨げるはたらきがある!

セサミンを加えると、こんなにコレステロール値が変わる!メモ
(ラットを使った実験より)
グループ 血清コレステロール(mg/ml)
  総コレステロール HDLコレステロール
高コレステロール食 492 (±66) 7.3 (±1.7)
高コレステロール食+0.2%セサミン 347 (±157) 10.0 (±2.6)
高コレステロール食+0.2%セサミン
+0.2%トコフェロール
243 (±11) 12.8 (±4.3)
高コレステロール食+0,2%セサミン
+1.0%トコフェロール
184 (±32) 17.7 (±2.8)

出典:「ゴマはなぜからだによいのか」 チクマ秀版社

赤ら顔がはやくさめる!
赤ら顔アルコールに弱い成人男性で、セサミンをあらかじめ1日当たり100mg、1週間つづけて摂取した人とセサミンを摂取しなかった人では、飲酒後顔面の温度の変化にどのくらい違いがあるのかを調べた、おもしろい実験がある。
はじめのうちは、セサミンの摂取にはかわりなく顔面温度が上昇する(顔が赤くなる)が、30分もするとセサミンを摂取していたグループは、顔面の温度が下がるのが速かったのだ。つまり、セサミンを摂取している人は、飲酒で顔が赤くなっても早く酔いがさめるというわけだ。
もちろん、お酒に強い人でもセサミンにはアルコール分解を助けるはたらきがあるので、ゴマを食べてお酒を飲むと二日酔いが避けられやすい!

参考文献:「ゴマ」 並木満夫・福田靖子監修 NHK出版

便秘に効果アリ!
ゴマには食物繊維が豊富に含まれている。ほとんど消化されることがないまま、腸へ送られる食物繊維は便を柔らかくしてかさを増やし、スムーズに直腸へ送られるはたらきがある。このため、便秘の予防や解消に役立つというわけだ。
もちろん、ゴマばかりを食べることはなかなかできないので、ごぼうサラダにゴマを混ぜたり、海草にゴマをふりかけて食べるなど、他の食品と合わせて食べるとなおグッド。

ゴマの栄養価(ゴマ10g、約大さじ1杯)メモ

エネルギー 58kcal 亜鉛 710μg
蛋白質 2.0g ビタミンE 0.1mg
脂質 5.2g ビタミンB1 0.10mg
カルシウム 120mg ビタミンB2 0.03mg
1.0mg 食物繊維 1.3g

資料:「四訂日本食品標準成分表」

肌荒れを防ぐ!
皮膚の新陳代謝を活発にする栄養素には、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、ナイアシン、たんぱく質などいろいろあるが、ゴマにはビタミンC以外の栄養素がすべて含まれている。とくに、ビタミンCとゴマに含まれる鉄を一緒に食べると、体内でコラーゲン(皮膚の組織で重要な役割を果たしているたんぱく質のひとつ)を合成しやすくなるのだ。ゴマ油は、ボディーオイルとしても使われるほど。

ストレス防止にも・・・
イラスト現代社会はストレスのかたまり。ゴマには、ストレスを和らげるはたらきがあるという。
セロトニンという物質は、精神安定、鎮痛、睡眠などの作用がある、神経伝達物質である。このセロトニンは、アミノ酸の一種であるトリプトファンが、脳に運ばれてビタミンB6やマグネシウムなどとともに作られる物質だ。つまり、トリプトファンを多くとれば、脳のトリプトファン濃度が高くなってセロトニンが増え、ストレスを和らげることができるのだ。ゴマには、トリプトファンやビタミンB6といった栄養素が多く含まれている。


みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。