healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
生活習慣病シリーズ(1)〜生活習慣病に迫る!
死に至る危険もある生活習慣病

最近急増している「大腸がん」
がんは昭和55年以降、死因の第1位をキープしているが、部位別のがん死亡率を男女別にみると、どちらも大腸がんが増えてきている。その背景には、食生活の欧米化により、肉食や乳製品などの脂肪をよく摂取するようになったことが挙げられる。 出血を伴う便が出ることがあり、痔と間違えやすいが、便に異常があったらすぐに医師のところへ行くこと。
そのほか、男性・女性ともに増えているのが肺がん。一番の原因は喫煙だと考えられているが、そのほか食習慣、生活環境、大気汚染なども関係があるといわれている。禁煙は百益あって、一害なし。喫煙者は本気で禁煙することをオススメ!
がん死亡率の推移
資料:厚生労働省「患者調査の概況」

大切な臓器「心臓」の病気
生活習慣病のひとつ、心臓病には狭心症、心筋梗塞などがある。心臓を養っている血管の血の流れが悪くなることで胸が痛くなる発作が起こるのだ。発作によって、死にいたることも珍しくなく、危険度の高い病気である。
心臓病が起こる原因のひとつが動脈硬化。高血圧の人なども危険度は大。階段をちょっと昇っただけで息切れや動悸が激しくなる、なんて人は要注意!

こんな人は要注意!
たばこがないと生きていけない
血圧が高いほう
脂っこい食べ物が好き
精神的ストレスをよく感じる
食べ過ぎ・飲み過ぎることがある
運動不足である

そのほかの生活習慣病
生活習慣病はほかにもまだまだある。ここでは、そのいくつかをご紹介。
脳血管疾患
脳に起こる病気の総称で、最も多いのが脳卒中。脳卒中はなんらかの原因によって脳の動脈に障害が起き、血液がスムーズに流れなくなり脳の機能が部分的に失われる状態をいう。脳は障害を受けた部分によって言語障害、身体の麻痺などの後遺症を残すこともあり、ときには命を落とすことさえある。
脳出血の原因は、なんといっても高血圧。血圧が高い状態が続くと血管に大きな力がはたらき、ある日突然破れてしまうのだ。また、動脈が詰まり血液の流れがストップしてしまう脳梗塞は動脈硬化によって引き起こされることがある。
脳血管疾患の種類

高尿酸血症
身体の中の尿酸が適量以上ある状態。血液中の尿酸の濃度が高くなり過ぎて結晶化し、それが足の親指のつけ根や手の指の関節などに沈着し、激痛が起こるのが痛風である。
痛風の人はほとんど高尿酸血症を伴うが、高尿酸血症の人がかならずしも痛風になるとは限らず、検診などで尿酸の値が高い人は注意が必要である。また、痛風を発病しなくても、心筋梗塞や狭心症などを引き起こす確率は普通の人の2倍、尿路結石に至っては1000倍にも及ぶといわれている。

肝臓病
肝臓は食物中の栄養分から身体に必要なさまざまな成分をつくったり、身体に不必要な代謝産物を分解し解毒するなどのはたらきのある大切な臓器である。肝臓を冒す病気にはさまざまなものがあるが、日本人に多いのはC型慢性肝炎などの慢性ウイルス性肝疾患である。
急性の肝臓病ではだるさ、吐き気、発熱、黄だんなどが起こることがあるが、慢性肝臓病を持つ人はまったく症状がなく、発見が遅くなるので定期的に検診を受けよう。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。