healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
生活習慣病シリーズ(1)〜生活習慣病に迫る!
もはや他人事ではない!生活習慣病

以前は「成人病」、今は「生活習慣病」
成人になるとよく発病する病気を総称して「成人病」と呼んできた時期があった。しかし、時が経つにつれて、成人病が小学生などの低年齢層にも見られるようになり、平成8年に厚生労働省が「生活習慣病」というネーミングに代えた。
まさに、この名前の通り、食生活や運動などの生活習慣によって起こりうる病気なのだ。もちろん、どの年齢層にも発病する可能性があり、もはや「他人ごと」だと笑っては済まされなくなってきている!

生活習慣病にはどんな病気がある?
食生活、運動、休養、飲酒、喫煙などさまざまな生活習慣の要因が影響している生活習慣病。さまざまな病気の総称であるが、どんなものがあるのか、みてみよう。

生活習慣病とは?
がん(肺がん、胃がん、大腸がん、乳がんなど)
高血圧
糖尿病
肥満
高脂血症
動脈硬化による心臓や脳の血管障害(脳出血、心筋梗塞、脳血栓など)
その他(骨粗鬆症(こつそしょうしょう)、高尿酸血症、歯周病、アルコール性肝炎など)

などなど、かなりたくさんの病気がある。
これらの病気はどれか一つが発症するのではなく、お互いに合併することが多く、あなどれない。特に、高血圧、肥満、糖尿病、高脂血症などは合併しやすく、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こし死に至りやすくなるため、恐れられている。

死亡率第1位は圧倒的に「がん」
厚生労働省が発表している死亡率の推移をみると、圧倒的にがんが多い。続いて心疾患、脳血管疾患など。がんは、年々増加傾向にある。 グラフ1
資料:厚生労働省「患者調査の概況」

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。