healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

カルシウム不足は深刻な現代病!?
カルシウムのこんなこと教えて!

カルシウムなんでもQ&A
カルシウムに関する素朴な疑問にど〜んと答えよう。

Q1

「炭酸飲料が骨を溶かす」のはホント?
骨のとけ方
骨のとけ方
骨を溶かすのは、骨に取りついた破骨細胞と骨の表面との間にできた空間に破骨細胞が自分でつくった強い塩酸(PH2で胃酸と同じくらい強い)によるもの。炭酸水を飲んでもそれが直接骨にいって溶けるわけではない。
ただし、カルシウムのとり方が足りないと副甲状腺ホルモン(カルシウム調節ホルモンのひとつ。骨吸収を促進したり、腎や尿細管からのカルシウム再吸収を促進して血清カルシウム値を上昇させるはたらきがある)が増えるため、骨が溶けていくことになる。


Q2 「カルシウムはとりすぎるとよくない」のはホント?
普通の日本人の食生活では、まず取りすぎる心配はない。基本的には、カルシウムをとりすぎたら骨に蓄えて骨を強くするため、問題はないのだ。事実、日本人では1日500〜600mgのカルシウムを取っていたらいいほうだが、アメリカでは1日に1000mg以下の人は10人に1人か2人だ。そうはいっても、サプリメント食品などで過剰に摂取することはよくない。過剰なカルシウムは尿の排泄が間に合わず、腎臓結石ができたり、動脈硬化や心筋梗塞の原因にもなりかねないからだ。


Q3 「宇宙旅行をすると骨が弱くなる」のはなぜ?
骨はもともと重力に対抗して身体をまっすぐ立たせ、また脳や心臓のような大切な器官を外からの力から守るためにできたもの。骨に重力がかからなくなると、骨は急激にやせ細ってしまうのだ。一説によると骨に力が加わると電気が通り、これが骨の細胞を刺激して骨芽細胞が骨をつくるという。力が加わらなくなれば、さっそく骨をつくるのを止めてしまうというわけだ。
ちなみに、火星にも生き物がいると想像していたころ、火星人はくらげのように骨のない姿の絵で描かれることが多かったが、無重力状態では骨もいらないということを知っていたから!?という説がある。


Q4

「背が低いのはカルシウムのとり方が少ないから」というのはホント?
カルシウム摂取と身長の伸びの関係
カルシウム摂取と身長の伸びの関係
背の高さを決めるのは遺伝が大きく影響している。両親が背が低ければ、子供の背も低くなる確率は高い。だから、カルシウムをとったからといって飛躍的に背が伸びるわけではないが、大抵は12〜14歳くらいに骨の端にある軟骨が骨に変わっていく軟骨性化骨というものにより手足の骨が伸びることによって、急激な身長の伸びが起きる。レントゲン写真で手首の骨の端に軟骨の線が残っていれば、まだ伸びる余地があるということだ。
普通、15〜17歳くらいで骨の伸びは終わる。だからその時期までにカルシウムをとらなければ、本来伸びるはずのところまでも伸びなくなるので、やはりカルシウムは必要だ。もちろん、長いだけで細くて折れやすい骨ができても意味がないので、骨を太く強いものにするためにもカルシウムは必要。


Q5

「普通の食事をとっていたのではカルシウムが不足する」のはホント?

栄養素の摂取状況

これは日本の土壌が関係している。日本は一部を除いて火山島だ。火山灰の土地というのは、サラサラしていて水をよく通し、酸性でアルカリ土類金属のカルシウムをあまり含んでいない。この火山灰土壌を通ってくる飲料水ももちろんカルシウムはあまり含まれていないため、カルシウム不足になる原因をつくっているのだ。
さらに、欧米に比べ、日本人は乳製品を取ることが少ないのも原因の一つ。もちろん、乳製品以外に海草や小魚、豆腐などからカルシウムを取ってはいるものの、やはり乳製品にはかなわないのだ。



みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。