healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

「運動不足、食べ過ぎが気になるアナタに…ウォーキングのススメ」
今スグに始められる!ウォーキングのコツ


いつでもどこでも 背骨と腰
ウォーキングを行うのに決まりはない。 自分の都合にあわせて、いつでもどこでも行えるのが特徴だ。

ウォーキングを行うポイント
時間帯背骨と腰
目覚めたばかりでは身体の調子も出ないので、最初はウォーミングアップのつもりで始め、徐々にスピードを上げるとよい
交感神経の動きが活発で調整能力も高いので、運動にはいちばんよい時間帯。なるべく時間を見つけて歩こう
激しい運動は疲労が溜まるが、夕食前後の適度なウォーキングは深い眠りをもたらすのでよい。ただし、寝る2〜3時間前には終わるようにしよう
時間背骨と腰
ウォーキングを習慣にするためにも、できるだけ同じ時間に行うのがベスト。1日のスケジュールをチェックしてみて、30分〜1時間ほど時間が取れるときを選んでみで
場所背骨と腰
好きな場所を選んでよいが、信号が多いところや人通りの多い場所は自分のペースが保ちづらいので、避けたほうがよい
背骨と腰
でこぼこ道や砂利道は適していない。また、下り坂はひざを痛める可能性もあるので注意

正しい歩き方を知ろう!背骨と腰

ウォーキングをする時には以下の点を心がけて行おう。

正しい歩き方
歩き方
正しいウォーキング
足の運び方
足先を歩く方向にまっすぐ向け、中心線に沿って歩くようにする。かかとから中心線までの間隔は3cmほどで、つま先とかかとを結んだ線が中心線となす角度が15度程度がよい。歩幅は性別や基礎的な体力、年齢によって個人差があるが、一般的には「身長-100cm」を目安にしよう。もっと急ぎ足の場合には、その3割増しを目安に。

正しい足運び
足のつき方
かかとから地面に接し、次に重心を小指に移し、最後に親指のつけ根で押し出して身体を移動させる。腰が落ちた悪い歩き方をしていると、振り出しの足のひざが曲がってしまい、つま先で着地することになりひざに負担がかかってしまうので注意。

足のつき方

出典:「ウォーキングをはじめてみませんか」 服部利夫監著 三心堂出版社


みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。