healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
「アロマテラピーで心と体をリフレッシュ!」
アロマテラピーの楽しみ方

手軽に楽しめるエッセンシャルオイル
アロマテラピーは、さあ、やるぞ!とかしこまらなくても、だれでもカンタンにできるもの。エッセンシャルオイルを心身の状態に合わせて選べば、すぐにでもできる。また、香りを楽しむだけでなく、マッサージに使用したり、スキンケアオイルにしたり…と多用できる。
ここでは、そのいくつかを紹介しよう。

楽しみ方はさまざま
エッセンシャルオイルはさまざまな方法で楽しむことができる。
その1 芳香浴
もっともベーシックな楽しみ方。蒸気を利用して香りを充満させ、その香りを浴びる方法だ。芳香浴の仕方もいくつかある。

芳香浴 ★ アロマポット
アロマポット(アロマウォーマーともいう)の上部のカップにお湯をそそぎ、そこへエッセンシャルオイルを数滴たらして下からキャンドルで温める。すると、お湯が蒸発するときに香りがたちこめるのだ。
アロマポットは1000円前後からあるので、ひとつ買っておくと便利。また、キャンドルも専用のものが売られている。長時間香りが楽しめる。

★ もっとカンタンに
熱めのお湯をティーカップにいれ、エッセンシャルオイルを1滴落とすだけでもよいし、ティッシュなどに数滴エッセンシャルオイルを染み込ませて部屋の片隅においてもよい。
また、ランプシェードなど、高温になるものにほんの少しエッセンシャルオイルをたらして揮発させる方法もある。

その2 アロマバス
体温より少し熱めのお湯にエッセンシャルオイルを数滴たらし、そこに体の部位を浸すことを「アロマバス」という。手浴、足浴、顔浴、半身浴、全身浴といろいろあるが、いずれもお湯に1〜5滴程度落としてゆっくりとつかること。ただし、長時間の入浴で気分が悪くなったら、すぐに浴室から出て休もう。
また、精油は水に溶けないため、使ったお湯をそのままにしておくと浴槽や洗面器などが変色してしまう恐れがあるので、よく洗い流すこと。

その3 アロママッサージ
マッサージ エッセンシャルオイルを専用の植物油(キャリアオイルともいう)で薄めたものを用い、体の部位をマッサージする。精油にはさまざまな薬効効果があり、香りが鼻から脳に伝達されて自律神経系、内分泌系、免疫系、精神面などによい影響を与えるだけでなく、マッサージによって皮膚から体内に精油が吸収され、血液やリンパ液を介して体中にめぐる。ただし、人によっては適さないものもあるので注意しよう。

エッセンシャルオイルを使う時の注意
エッセンシャルオイルの原油を直接肌につけたり、飲んだりしないこと
希釈度の目安は1〜2%以下
使用後はしっかりとふたを閉め、直射日光のあたらない冷暗所に保管すること
非常に作用が強いものもあるので、長時間にわたる使用は避けること
妊娠初期・妊娠中の人、乳児・幼児などには適さないものもあるので注意すること

エッセンシャルオイルを購入する時の注意
エッセンシャルオイルは外国産のものも多く、その国の言葉でラベル表示されていることがある。しかも、植物の名前はその国の通称で呼ばれることが多く、正確な中身の精油を知るのは難しいもの。目安としては原料となる植物の学名を参考にするとよいが、それも難しいと思うなら素直にお店の人に聞いてみよう。
また、必ず香りを確認することがベスト。植物がもつ効果だけを考えて購入すると、その香りが合わない、なんてこともある。アロマテラピーは自分が好きな香りを選ぶことが大切なので、サンプルでにおいを確かめよう。そのとき、直接鼻をつけるのではなく、15cmほど離すと自然な香りが分かる。


みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。