healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

「夏のダメージを癒そう!」
夏のダメージ、肌や髪に残さない!

紫外線や冷房によるダメージは大きい!
夏は紫外線の季節。実はこの紫外線、思っているより肌や髪にダメージを与えている。 肌のシミやシワの約80%が紫外線によると言われているほどだ。

紫外線を浴び続けていると、身体の方が防衛反応としてメラニン色素をたくさんつくる(これで肌が黒くなる)。普通は、表皮の角化にともなってメラニン色素が抜け落ちるが、日焼けがひどいと表皮が壊れてメラニン色素が真皮に落ちこみ、色素沈着を起こす。これがシミの原因になるのだ。
(詳しくは紫外線シーズンはもうきている

また、冷房の効いた部屋のような乾燥した環境にいると、水分不足により、肌や髪を傷める。

肌や髪を生き返らせるには?
肌も髪も次々と新しく再生産されている。いきいきとした肌や髪に戻るには、次のことを実行しよう。


その1.バランスの取れた食事をしよう

新しい肌や髪を再生産するためには、エネルギーが必要となる。このエネルギーの三大栄養素と言われるのがたんぱく質、炭水化物、脂肪。さらに補助栄養素として無機質、ビタミン、食物繊維がある。
これらをバランスよく摂取することが肌や髪にいい影響を与える。

とくに、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCは皮膚と粘膜のビタミンとも言われ、抗酸化作用がある。また、ビタミンA、ビタミンEには皮膚の角化を正常にするはたらきがあるのだ。
さらに、ミネラルでは亜鉛が髪や肌の傷みを治すはたらきをする。

各種ビタミンを多く含む食品
ビタミンA レバー、うなぎ(きも)、にんじん、バター、緑黄色食野菜
ビタミンB2 うなぎ、レバー、干ししいたけ、脱脂粉乳、 牛乳、たまご
ビタミンB6 魚類、牛・豚肉、穀類、豆類、レバー、 牛乳、たまご
ビタミンC みかん、グレープフルーツ、緑黄色野菜、いちご
ビタミンE 植物油、小麦胚芽、パン、緑黄色野菜
ミネラル(亜鉛) 肉、レバー、魚介類

(詳しくは脂溶性ビタミンを取るにはどんな食品がいいか? 水溶性ビタミンを取るにはどんな食品がいいか?

その2.水分をたくさん与える

肌も髪も傷んでいる時は水分不足であることが多い。肌なら、まず化粧水などで水分をたっぷりと与えよう。ただ、これだけでは一時的な効果しか得られないので、乳液などの油分で肌にバリアを作り、水分の蒸発を防ぐこと。

髪も肌と同様に水分を補給してあげることが大切だ。髪にはリンスとトリートメントがあるが、傷んでいる時は髪の表面をコートするリンスより、髪の内部に栄養分を補給するトリートメントが効果的。トリートメントしたら蒸しタオルで頭を覆い、3〜4分後によく洗い流そう。
(詳しくは夏の跡、残さない!ヘアケア編



みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。