healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
今週のトピックス
「ストレスが溜まっているあなた、その心を"ペット"で癒そう!」
病気を治すこともある!?ペットパワーは効果大

アニマル・セラピーって知っていますか?    
最近、マスコミなどで紹介される「アニマル・セラピー」とは、正確には 「アニマル・アシステッド・セラピー」 といい、日本語でいうと「動物介在療法」である。 つまり、動物を参加させて治療を「アシスト」するセラピーで、老人ホームや障害児施設などで最近、取り上げられ始めている。 最も長い歴史を持つ 「乗馬療法」「イルカ療法」 などがあり、さらに 「盲導犬」 もこれに当たる。

自閉症治療に大きく貢献―イルカ療法とは?
長年イルカ・セラピーを研究してきた、ベッツィ・A・スミス氏は、 「イルカと一緒に泳ぐと自閉症児の問題行動が改善されたり、注意持続時間が長くなる」 という実験結果を発表している。

実験方法

自閉症児に対し、丸8日、24時間体制の合宿の形をとり、午前はイルカと遊び、午後はセラピストと過ごす。


イルカ イルカ・セラピーによる効果

アイ・コンタクトの回数と発生頻度が増える
個人空間が狭まり、人を近づけるようになる
注意持続時間が長くなる
個々の問題行動が減る
睡眠障害の改善

などの結果が得られた。 また、日本でも1998年に昭和大医学部グループによって、中程度の精神遅滞を伴う5〜14歳の自閉症児3人と重度の精神遅滞の5歳児1人を対象に 沖縄で3泊4日の合宿を行い、イルカ療法を施した。医療スタッフと心理カウンセラーが付き添い、 イルカと共に泳いだりイルカに触ったりしたところ、不安そうな様子が減ったり、自分から絵を描くなどの改善が見られた。

なぜ、イルカが治療に効果的なの?
一概には言えないが、数多くの研究のなかで言われているのは、 「イルカには健常者と自閉症児を見分ける力があり、 しかも自発的に自閉症児と多く接触しようとしている」 こと。
これがなぜなのかは、はっきりとは解明されてはいない。イルカやクジラ、ゾウなどは傷ついた仲間をかばう性質があると言われている。
一部では、「イルカは超自然の力を持っている」とか「テレパシーを持っている」とか言われているが確証はなく、 ただ少なくともイルカが病人に自ら近づき、なんらかの症状改善に影響を与えていることは確かなようだ。

もちろんイルカ療法の効果は、イルカだけによるものでなく、太陽の下で広い海の中に潜り、多くの人の助けを借りてイルカと泳ぐ経験をすることも影響を及ぼしていると考えられている。

犬や猫でもアニマル・セラピーに大きく貢献
イルカと一緒に泳ぎたくても、そうそうできることではない。でも、アニマル・セラピーには、犬や猫などが多く貢献しているのだ。例えば、

自閉症ぎみの子供が犬と暮らすようになって笑顔を取り戻した
寝たきりで動く気力のなかったお年寄りが猫をなでようとして手を伸ばした
老人ホームへ犬を連れて行ったら、会話が増えた

など、たくさんの例が報告されている。つまり、

”動物を抱いたり触ったりすることで心が安らぐ。不安が減って気力が高まったり、生活に張り合いがでたり、人との接触や会話が増える。さらには、高血圧の人の血圧が下がったり、寿命が延びる”


などの効果をもたらしているのだ!

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。