healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

「あなたの”食中毒”対策は大丈夫?」
お弁当作りのポイント

食中毒菌は「付けない、増やさない、殺す」が原則
食中毒を防ぐための3つのポイントは
付けない 清潔を保つことで菌を食品などに付けない
増やさない 調理済のものを室温で放置しておくと、菌が増える
殺す O-157は75℃で1分間以上の加熱で死滅する

この時期のお弁当作りのポイント
ただでさえ腐りやすいこの時期にお弁当を作る時には、以下のことに注意したい。
水分が少ないものを
食中毒菌は水分が多いほど繁殖しやすい。お弁当に入れる食材は、水分の少ないものを選ぶか、煮詰めるなどして水分を飛ばしておくこと
冷ましてから詰める
温かいうちに詰めるのは厳禁。よく冷ましてから詰めよう
必ず火を入れて
前日のおかずを使うときにはもう一度火を入れておくこと
殺菌・抗菌効果のある食材を上手に利用
わさびや生姜、梅干など殺菌・抗菌効果のある食材を利用しよう
このほか、お弁当用の防腐シートなども市販されている。上手に利用しよう!

菌に強い身体を作る!
人の身体には本来外敵から身を守る、自己防衛機能が備わっている。 腸管内の細菌群にも、外部から侵入してきた菌が増えたり棲みついたりするのを防ぐはたらきがあるが、 外部からの侵入がなければこのはたらきは弱まってしまう。
近年、特に社会の無菌状態が進み、日本人の免疫力が低下していると言われている。
普段の生活で、周りに存在している細菌やウイルスと接することで、菌に抵抗する力がつくのだ。
あまりにも過敏に潔癖になる必要はなく、菌と共生することで強い身体を作り、食中毒を事前に予防しよう!

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。