healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

「あなたの”食中毒”対策は大丈夫?」
ばっちり予防法

食中毒を起こす菌には
病原大腸菌 腸炎を起こす大腸菌。食品や水を通して感染する。
サルモネラ菌 食肉やたまごなどが主な原因食品。腹痛や下痢を伴う。
腸炎ビブリオ菌 海産物が主な原因食品。激しい腹痛や下痢を伴う。

O-157とは?
O-157は正式には腸管出血性大腸菌O-157といい、病原大腸菌のひとつである。
感染すると激しい腹痛とともに血便となることがあるが、これはO-157がつくりだす「ベロ毒素」という強力な毒素が大腸を攻撃するために起こる出血だ。
平成8年には「指定伝染病」に指定されたように、二次感染があるのも特徴である。過去の感染事例を見ると、原因食品は、貝割れ大根や水、牛肉、キャベツなど実にさまざま。

これを防ぐためには?
厚生省のガイドラインでは、O-157は「75℃で1分間以上の加熱」で死滅すると言われている。 殺菌することはもちろん大切だが、食中毒を防ぐには、食中毒菌を「付けない、増やさない」ことも大切。
以下、その方法を紹介。
手を洗う。当たり前だが清潔を保つのは肝心なこと
鮮度の良いものを選ぶ
買ったものは家にすぐに持ちかえり、すぐに冷蔵・冷凍をすること
冷蔵・冷凍庫には詰め過ぎない。詰め過ぎると庫内の温度が上がってしまう
調理に使う器具はまめに洗う。二次感染を防ぐ大切なポイント
作りおきはあまりせず、食べる分だけを作るように
食べる前に、においが臭かったり見た目が変色したり、ねばねばしているようなら要注意!口には入れずに捨てよう!

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。