healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
東洋医学探検ツアーへようこそ! 〜 漢方コース 〜

西洋薬とはどう違うの?


西洋医学は「病名」ありき、漢方は「症状」ありき

漢方の特徴がわかりやすいように、西洋医学と比較してみよう。

西洋医学 東洋医学
病名をつけることを重視し、同じ病名の人には同じ薬を使う 病名よりも、どんな薬を与えるべき「証」かを判断する。そのため、同じ病名でも人によって薬が異なる
病気の原因である細菌を殺すことに主眼をおく 生体の免疫力を高めることに主眼をおく
有効成分が単一
切れ味が鋭く、即効性がある。熱や痛みをとる、菌を殺すといった、直接的な治療に向く。
ただし、一つの薬でいろいろな症状をとるのには不向き
いくつもの生薬が組み合わさっている
一つの薬でいろいろな症状をとることが可能。
ただし、即効性という点では劣る

証とは……体の表面で観察できる様々な特徴や患者の訴えを総合したもので、漢方における投薬や治療の重要な指針となる。

漢方薬は、いわばオーダーメイドの服だ

このように、漢方の場合、たとえ同じ「胃潰瘍」という病名でも、その病名だけでクスリを決めるわけではない。患者ひとりひとりの体質や病気の状態などを見極めながら、最適な漢方薬を処方する、オーダーメイドの治療といえる。


漢方はとくにこんな人に向いている

漢方は、どんな病気にも使えないことはないが、人間と同じでやっぱり得意不得意がある。
たとえば、糖尿病や高血圧、あるいは肺炎のような重い細菌感染症などに対しては、西洋医学のクスリに勝てるようなものが漢方にはないため、苦手分野といえよう。
逆に、次のような場合は、まさに漢方の出番だ!


  1. 西洋医学でまだ決め手になる治療法がない病気
    アトピー、ぜんそくなどのアレルギー疾患、リウマチなどの自己免疫性疾患

  2. 高齢や妊娠中などのために、強いクスリが使いにくい場合

  3. 病院に行ってもどこも悪くないのに、自覚症状がなかなかとれない場合(漢方では自覚症状を重視する)

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。