healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

線維筋痛症と症状が似ている病気
リウマチ性疾患・整形外科的疾患

診断には、他の病気との区別が必要

線維筋痛症であると診断するには、症状が似ているほかの病気と見分ける「鑑別診断」が必要となる。さまざまな症状がある線維筋痛症は、見分けるべき病気の数も多く、それらはいくつかの種類に分類される。ここでは、リウマチ性の病気と整形外科的な病気として分類されるものを紹介したい。すでにこれらの病気の診断を受けていて、線維筋痛症と共通する症状に思い当たるふしがある場合は、主治医に相談しよう。

もっとも多く診断されているのは関節リウマチ

リウマチ性の病気とは、複数の部位に同時に炎症などの症状が現れる、原因不明の膠原病(こうげんびょう)に分類されるものを指す。線維筋痛症を引き起こすきっかけになることや、合併症として一緒に起きることがある。

症状が似ている主なリウマチ性疾患

  • ●関節リウマチ(RA)
    30〜50代の女性に多い病気で、関節に痛みが生じる。線維筋痛症とは異なり、関節の腫れが手の指から始まり、肘や膝などに広がっていく。やがて、関節の軟骨や骨の破壊に至る。線維筋痛症の診断がつくまでの間、関節リウマチであると診断されているケースがもっとも多い。
  • ●シェーグレン症候群
    40代以上の女性に多い病気で、線維筋痛症と同じくドライアイやドライマウス、皮膚の乾燥などが生じる。唾液腺の造影検査や、唾液量のテストなどで診断されることによって、線維筋痛症と区別される。
  • ●脊椎関節炎
    10代後半から40代前半の男性での発症が多い病気。強直性脊椎炎や乾癬性関節炎、腸炎性関節炎などの総称で、背中や腰に痛みが生じる。また、手足に関節炎が起きることもある。朝のこわばりの有無や、年齢、家族歴、乾癬の有無などを確かめる基準に基づいて診断され、線維筋痛症と区別される。
  • ●SAPHO症候群
    上述の脊椎関節炎に、皮膚や骨などの症状を伴う病気の総称。主な症状の英語名であるSynovitis(滑膜炎)、Acne(ざ瘡)、Pustulosis(膿疱症)、Hyperostosis(骨化過剰)、Osteitis(骨炎)の頭文字が名前の由来となっている。これらの症状は、線維筋痛症ではみられない。

そのほかのリウマチ性疾患または分類が難しい病気

  • ●多発性筋炎・皮膚筋炎
  • ●リウマチ性多発筋痛症
  • ●間質性膀胱炎
  • ●過敏性腸炎
  • ●全身性エリテマトーデス(SLE)

…など

整形外科的疾患の症状が、線維筋痛症で増強されることも

整形外科疾患という呼び名は、骨や筋肉、関節などに、痛みやしびれなど症状が現れる病気の総称として用いられる。リウマチ性疾患と同じく、線維筋痛症の発症の引き金や合併症となるのに加え、線維筋痛症が整形外科的疾患の症状が引き起こしたり、強めたりすることもある。

症状がみられる部位は頚部(首)、腰部、手指、脊椎などで、病気の種類は部位ごとに多岐にわたる。主にレントゲン写真の撮影などの画像検査を行い、線維筋痛症と見分けられていく。

症状が似ている主な整形外科的疾患

【頚部】

  • ●頚椎捻挫
  • ●頚椎症(脊髄症、神経根症)
  • ●頚椎後縦靭帯骨化症
  • ●頚肩腕症候群
  • ●下垂肩症候群
  • ●胸郭出口症候群
  • ●頚椎アライトメント異常(ストレートネック)

【腰部】

  • ●腰痛症
  • ●腰部脊椎管狭窄
  • ●腰椎椎間板ヘルニア症

【手指】

  • ●全身性変形性関節症
  • ●カウザルギー
  • ●反射性交感神経ジストロフィー

【脊椎関節炎】

  • ●変形性脊椎症症
  • ●骨粗鬆症
  • ●骨軟化症

…など

みなさんの感想

Loading...

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。